このページの本文へ移動

四国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    四国森林管理局の主伐・再造林の一貫作業システム導入5地区の現状と課題をとりまとめました

    四国山の日
    プレスリリース

    平成30年3月30日
    四国森林管理局

       多くの森林が主伐期を迎える中で、この充実した森林資源を「伐って→使って→植える」ことにより、私達の生活に有効活用するとともに、計画的に再造林(植栽)し、次の世代に森林資源を継承していくことが課題となっています。
       このため、四国森林管理局では、これまでは伐採と植栽は別々の時期に行っていましたが、平成28年度から、通年植栽が可能なコンテナ苗を活用し、伐採・搬出から植栽までを一連の作業として一括発注する「一貫作業システム」(伐採・造林の一括発注と混合契約)を積極的に導入し、伐採後の再造林の確保と伐採・造林・育林のトータルコストの削減を推進しています。平成28~29年度の2ヶ年で高知県の3つの森林管理署の6地区で一貫作業を導入しており、このうち事業が完了した5地区の現状と課題をとりまとめました。

    プレスリリース(PDF : 137KB)

    (資料1)四国森林管理局の主伐・再造林の一貫作業システム導入の現状と課題(PDF : 3,048KB)
    (資料2)四国森林管理局の主伐・再造林の一貫作業システム導入の現状と課題(総括表)(PDF : 200KB)
    (資料3)主伐・再造林の一貫作業によるトータルコストの削減(参考資料)(PDF : 928KB)
    (参考) 林野庁「平成28年度低コスト造林事例集」:
               ホームページhttp://www.rinya.maff.go.jp/j/kanbatu/kanbatu/teikosuto.html

    お問合せ先

    森林整備部森林整備課
      担当:課長補佐   電話:088-821-2200

    森林整備部資源活用課
      担当:課長補佐   電話:088-821-2121

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader