このページの本文へ移動

四国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    四国森林管理局のコンテナ苗の需要見通しの公表について

    国民森林・国有林四国山の日
    プレスリリース

    平成30年3月29日
    四国森林管理局


    四国森林管理局のコンテナ苗の需要見通し(平成30年度から平成32年度)を公表いたします。

       多くの森林が主伐期を迎える中で、四国森林管理局では、平成28年度から、主伐・再造林の一貫作業によるトータルコストの削減の取組を積極的に推進しています。平成29年度は一貫作業を高知県の4地区で実施しましたが、平成30年度は四国4県の10地区で拡大実施します。
      この一貫作業には、通年植栽が可能なコンテナ苗を使用します。平成30年度は四国森林管理局の苗木調達量の全量の前年度の2倍の47万本を導入します。併せて、コンテナ苗を安定的に生産していただけるよう、新たに四国森林管理局のコンテナ苗の平成30年度から32年度の3カ年分の需要見通しをとりまとめ、公表いたします。

    お問合せ先

    森林整備部森林整備課

    担当者:課長補佐 鷹野
     電話:088-821-2200

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader