このページの本文へ移動

四国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    高知発「こじゃんと1号」のDVDを作成し、「森林・林業・環境機械展示実演会 in 東京」で展示・実演しました

    ~ 高知発のシカ用小型囲いわなが全国に進出 ~
    1.   四国森林管理局では、深刻化するニホンジカによる森林被害に対応するため、安価で使い安く組立てが容易な小型囲いわな「こじゃんと1号」を開発し、地元自治体や猟友会等と連携し、わなの普及や捕獲技術支援を行っています。高知発「こじゃんと1号」は、1)安価で軽量(約5万円)、2)組立・解体が容易、3)農林業者が被害防止のために設置する場合は一定の条件の下で狩猟免許が不要などの特徴があります。「こじゃんと」とは、土佐弁で「すごくたくさん」の意味で、高知市のメーカーに依頼し製作・販売しています。

    2.   このたび、「こじゃんと1号」の一層の普及のため、四国森林管理局職員の手作りでわなの組立方法や使い方をわかりやすく解説したDVDを作成し、四国森林管理局のホームページに動画を掲載しました。111819日に東京都あきる野市で開催された「2018森林・林業・環境機械展示実演会」で、わなの実物の展示、DVD放映・組立ての実演も行いました。
        *高知発「こじゃんと1号」のDVD動画の掲載先:https://www.youtube.com/watch?v=tQ30TfV3P-Y

    3.  「こじゃんと1号」は、昨年12月に愛媛県が3市町に21基、本年10月に東北森林管理局が15基を購入・設置し、平成30年11月末で全国に計200基が導入されています。「こじゃんと1号」によるニホンジカの捕獲頭数は800頭以上に上っています。さらに東北地方に9基、群馬県に4基、兵庫県に3基が導入される予定であり、高知発の安価で使い易い小型囲いわなが、四国はもとより、東北・関東・中国地方に広がっています。

    4.   四国森林管理局は、今後も、地元自治体や猟友会と連携し、高知発「こじゃんと1号」の普及等を通じてシカ被害対策を積極的に推進してまいります。

       <「こじゃんと1号」の特徴>

      1. 低コスト:約5万円で市販の箱わなの半分以下。仕掛けキット(別売)は約4千円
      2. 小型軽量:約60kgで、組立後、軽トラに積載可能
      3. 組立・解体が容易:2人で5分程度
      4. 農林業者は狩猟免許が不要:天井部が2分の1以上開放されているため「囲いわな」に該当し、農林業者が被害防止のために設置する場合は一定の条件の下で狩猟免許が不要

                                       森林・林業・環境機械展示実演会in東京の様子
         
                      森林管理局の展示ブース                      「こじゃんと1号」のDVDを上映
         
                    興味深く説明を聞く来場者                         仕掛けの説明を熱心に聞く来場者
         
                                    シカの模型やえさの干し草に興味いっぱいの子供達
         
                     林野庁長官が訪問                             説明を聞く「みどりの女神」の竹川さん

        (添付資料)高知発「こじゃんと1号」(ニホンジカ捕獲用小型囲いわな)の紹介

    お問合せ先

    四国森林管理局 技術普及課、森林技術・支援センター

    担当者:濵本、三原
    ダイヤルイン:088-821-2121、088-821-2250
    FAX番号:088-821-2191、088-821-4839