このページの本文へ移動

九州森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    屋久島のコケ

     


    アブラコケ(アブラコケ科)


    アブラコケ

    淡い緑色で透明感あり。 三角形の葉が重なり、全体に平たい。 油の照りのような鈍い光沢。 葉の先端には金平糖のような無性芽(ここから発芽する)。


    オオシラガコケ(シラガコケ科)


    オオシラガコケ

    茎は長さ5cm以上、葉の長さは1cmほどで大型。 全体的に青みのある白緑色。 山道脇の急斜面や、樹幹のコケのマットに他のコケに交じって生える。


    コスギコケ(スギコケ科)


     コスギコケ 葉は青みがかった白緑色で、高さ2~3cm。人家の近くや、花崗岩質の地面など、日当たりの良い場所に生える。
    葉は乾くと強く巻く。


    ハイゴケ(ハイゴケ科)


     ハイゴケ 茎は横に這い、長さ10cmほど。 規則的に羽状に枝(長さ1cmほど)を出し、整然とした雰囲気。黄緑色で、日当たりの良い地上や岩の上に生育。 不規則に枝を出し、黄緑色~赤褐色なのはオオベニハイゴケ。
     


    ヒノキゴケ(ヒノキゴケ科)


     ヒノキゴケ 古い和名はイタチノシッポ。湿った腐木上や腐植土上に、丸いふんわりとした群落を作る。ヒロハヒノキゴケは岩上やスギの切株・樹幹上に群生。


    ヒロハヒノキゴケ(ヒノキゴケ科)


     ヒロハヒノキゴケ ヒノキゴケより小型。スギの樹幹基部に見られるコケはほとんどこの種類。蒴柄(胞子を作る袋の柄)は茎の根元から出る。ヒノキゴケの蒴柄は茎の途中から出る。


    ヤクシマホウホウゴケ(ホウオウゴケ科)


      写真左:ヤクシマホウオウゴケ、右:ホウオウゴケまたはヤクホウオウゴケ。ヤクシマホウオウゴケは茎の長さ7cmまで、茎につく葉の角度は広い。黄緑色。
    他のホウオウゴケは茎の長さ10cmほど。ヤクホウオウゴケは常に濡れている岩の上に生育。ホウオウゴケは濃い緑色。


    ウツクシハネゴケ(ハネゴケ科)


     ウツクシハネゴケ 細かい枝を扁平に規則正しく羽状・扇形に分枝。日当たりが悪く湿度の高い所の樹幹などに群生。


    ケチョウチンゴケ(チョウチンゴケ科)


    ケチョウチンゴケ 沢沿いの湿った岩上や倒木上。葉は長さ4~5mmの倒卵形。透過して見える程薄い。茎の先端や葉の表面まで褐色の毛(仮根)が伸びている。写真左上は蒴(胞子が作られる所)で、ぶら下がる様子を提灯に見立てた。


    ジャゴケ(チョウチンゴケ科)


    ジャゴケ 濃緑色で光沢があり、厚く硬い。表面に蛇の鱗状の模様。湿った地面や岩上に広がるように群生。


    ホソバミズゼニゴケ(ミズゼニゴケ科)


    ホソバミズゼニゴケ 湿地、水の滴り落ちる崖に群生。葉状体の先端は二叉分枝(写真下方の中央~右)。重なり合い密生。秋~冬に、細かいフリル状の無性芽を大量につける。


    ムクムクゴケ(ムクムクゴケ科)


    ムクムクゴケ 日当たりの悪い谷の地上や倒木、岩上。白緑色から緑褐色、枝は規則正しく分枝。ルーペで見ると表面はふかふかの毛(長く細かく裂けた葉)が密生。




    「参考文献」

    • 屋久島コケガイド(公益財団法人屋久島環境文化財団)
    • フィールド図鑑コケ(井上浩東海大学出版会)
    • ときめくコケ(田中美穂ほか山と渓谷社)
    • しだ・こけ(岩月善之助ほか山と渓谷社
    •  





    お問合せ先

    屋久島森林生態系保全センター

    ダイヤルイン:0997-42-0331
    FAX番号:0997-42-0333