このページの本文へ移動

九州森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    屋久島の滝

     

    大川の滝

    大川の滝 大川の滝(おおこのたき)は、屋久島の南西部ににある滝で、日本の滝百選に選定されています。落差は88m。鹿児島県道78号線の近くにあり海岸からも比較的近く、堆積岩が熱変成してできたホルンフェルスの岩盤を流れ落ちています。滝の近くには日本名水百選に選定されている大川湧水がある。

    千尋の滝

    千尋の滝 千尋の滝(せんぴろのたき)は、屋久島に南部にある滝で、多数の滝がある屋久島でも良く知られた滝である。
    屋久島中央部に水源を持つ鯛ノ川にある落差60mの滝である。屋久島南東部のモッチョム岳(標高940m)東側の斜面に広がる250m
    ×300mの巨大な花崗岩の岩盤に面しており、その岩盤の大きさが千尋、すなわち千人の人間が手を結んだくらい大きいという例えから名付けられています。
    滝の南側の高台が展望台になっており、車で容易に訪れることが出来ることから、屋久島を代表する観光スポットとして知られています。

    竜神の滝

    竜神の滝 龍神の滝(りゅうじんのたき)は、屋久島の南部にある滝で、落差30mで、千尋の滝とトローキの滝との中間に位置しています。


     

    蛇之口滝

    蛇之口滝 蛇之口滝(じゃのくちのたき)は、屋久島の南部にある滝で、大川の滝、千尋の滝と並び屋久島で最大級の滝です。落差は約30mで、滝の上部に50m長さ100mの一枚岩が続いています。滝壺から上に行く道はありませんが、尾之間歩道を淀川方面に上がっていくと、滝の上部を眺める場所があります。

    お問合せ先

    屋久島森林生態系保全センター

    ダイヤルイン:0997-42-0331
    FAX番号:0997-42-0333