このページの本文へ移動

九州森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林総合監理士(フォレスター)の人材育成・活動状況

    九州森林管理局では森林の整備・保全と林業の成長産業化を実現していくため、森林・林業に関する技術者等の人材育成を計画的に取り組んでいます。
    その一環として、平成23年度から平成25年度まで「准フォレスター研修」、平成26年度から平成28年度まで「技術者育成研修」として、平成29年度からはこれまで7ブロックで実施していた研修を北海道局・関東局・九州局3ブロックに編成して、「森林総合監理士育成研修」と名称を替え、国有林のフィールド等を活用して研修を実施しています。また、地域においてフォレスター活動をを実践していく上で必要な知識・技術を補強し、技術者のスキルアップを図るため、「実践研修」を平成26年度から実施しています。


    ☆森林総合監理士(フォレスター)とは
    森林・林業再生の必要性やその中での森林総合監理士制度の果たす役割について市町村の理解を得つつ、地域の森林・林業の牽引者(リーダー)として(ア)構想の作成、(イ)合意形成、(ウ)構想の実現について市町村を支援する(地域の実態によっては森林総合監理士が構想の作成から実現までを実質的に実施する)人材です。

    (ア)構想の作成
    地域の森林の整備、林業や木材産業の活性化の進め方について、自然的・社会経済的条件を踏まえ、長期的・広域的な視点に立った構想(マスタープラン)を描きます。

    (イ)合意形成
    地域の森林・林業関係者(森林所有者、森林組合、素材生産業者、木材加工業者、行政関係者等)や住民の間で、構想(マスタープラン)についての合意形成を図ります。

    (ウ)構想の実現
    構想(マスタープラン)の実現に向け、制度や予算等を活用しながら具体的な取組を進めます。

    ☆平成29年度研修実施状況

    森林総合監理士育成(後期)4研修(九州ブロック) (10月3日~10月6日)熊本県人吉市

      若手技術者を対象に、フォレスター活動の基礎となる能力(技術力、構想力、合意形成能力、ビジョンを構築する能力)を習得・向上させるため、近畿中国局、四国局管内の県職員等含め32名(島根県外職員18名、国職員13名、民間1名)を対象に4日間の日程で、中央研修で取得した知識・技術を再確認し、現地実習を通じて、広域的な視点で森づくり構想、資源循環利用構想を検討する演習を行いました。

    1日目<開講式、オリエンテーション、講義(森づくりの構想・資源循環利用構想)>(PDF : 244KB)
    〇森づくりの構想(目標林型と施業方法の選択)のねらい
    木材生産機能と公益的機能を調和させながら、科学的・技術的な知見と森づくりの思想・理念に則った森林施業・森林管理が基本であることについて理解を深める。
    〇資源循環利用構想演習(間伐計画と林業専用道の検討)のねらい
    現地実習に先立ち、1000ha程度の団地を対象として、市町村森林整備計画を念頭に、間伐計画と林業専用道の整備計画を大局的に検討する視点を養う。

    2日目<森づくりの構想実習、資源循環利用構想実習>(PDF : 760KB)
    〇森づくりの構想実習のねらい
    木材生産機能と公益的機能を調和させながら、科学的・技術的な知見と森づくりの思想・理念に則った森林施業・森林管理が基本であることについて理解を深める。
    〇資源循環利用構想実習のねらい
    1日目に机上演習で林業専用道の配置等を検討・計画した路線の団地について、現地条件に応じて、地形の遠望、地質及び水系の確認、周辺における社会条件等を観察、確認し、現地調査の方法及びポイントを習得する。

    3日目<資源循環利用構想演習>(PDF : 277KB)
    〇資源循環利用構想演習のねらい
    現地実習で確認した団地を対象に、10年間にわたる経営ビジョンを様々な視点から検討し、集約的かつ効率的な森林整備の戦略を策定し地域の将来ビジョンを描く能力を養う。

    4日目<発表・講評、森林総合監理士からのメッセージ、閉講式>(PDF : 254KB)
    〇資源循環利用構想演習(発表、ディスカッション、講評)のねらい
    10年間の間伐計画と路網整備計画を含む総合的な森林整備の構想策定を通じて、市町村森林整備計画における木材生産を中心とした団地の、中・長期的な森林・林業の経営ビジョンを構築するための能力を高める。
    講義を受けたコミュニケーション・プレゼンテーションを実践し、合意形成のための効果的なプレゼンテーションと建設的な議論を行うための能力の向上を図る。


    実践研修(九州ブロック)(11月8日~11月10日)熊本県熊本市

      「伐出から造林に係る作業計画とコストの検討」をテーマに、地域の立地・地理的な条件や事業実施による周辺環境に与える影響、伐採後の造林コスト等にも配慮した作業システムを図っていくために必要な作業計画と伐出から造林に係る収支計算の演習を通じて、各地域での事業の導入・具体化に向けた指導力の向上を図るため、京都府、鳥取・島根県及び九州8県より23名(県職員15名、国職員8名)を対象に実施しました。

    1日目<開講式・オリエンテーション、講義(作業システムの選択・評価・改善等>(PDF : 198KB)

    2日目<現地実習(作業計画の検討)、演習(作業計画と造林コストの検討)>(PDF : 297KB)

    3日目<発表・講評、閉講式>(PDF : 234KB)


    ページトップへ

    お問合せ先

    森林整備部技術普及課
    担当者:人材育成担当企画官
    ダイヤルイン:096-328-3593
    FAX:096-326-7062

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader