ホーム > 政策情報 > 事業概要 > 事業のあらまし > 安全で安心して暮らせる国土づくりを実施しています


ここから本文です。

安全で安心して暮らせる国土づくりを実施しています

     九州の国有林は、森林の公益的機能の維持・向上を通じて、山地災害から国民の生命・財産を保護するとともに、水源のかん養、生活環境の保全・形成等、安全で安心できる豊かな暮らしづくりに貢献しています。

 

保安林

    保安林は、その目的に応じて17種類あります。(水源かん養保安林、土砂流出防備保安林、土砂崩壊防備保安林、飛砂防備保安林、防風保安林、水害防備保安林、潮害防備保安林、干害防備保安林、防雪保安林、防霧保安林、防火保安林、なだれ防止保安林、落石防止保安林、魚つき保安林、航行目標保安林、保健保安林、風致保安林)

    指定の目的が達成されるよう、立木の伐採や土地の形質変更などが制限されています。

 

治山事業

    緑豊かな住みやすい国土をつくるため、山地災害の復旧のための渓間工・山腹工事や健全な森林づくりなど、さまざまな治山事業を行っています。

     雲仙普賢岳DVD

 また、山地災害危険区域情報のページでは、皆さまの住んでいる地域の情報がご覧いただけます。

 

お問い合わせ先

森林整備部治山課
担当者:課長補佐
ダイヤルイン:096-328-3632
FAX:096-326-7061

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

森林管理局の案内

リンク集