ホーム > 生物の多様性の保全 > 九州国有林の取組 > 保護林制度 > 管内保護林一覧 > 三ツ岩林木遺伝資源保存林


ここから本文です。

 三ツ岩(みついわ)林木遺伝資源保存林

1.概要 

 当保存林は、宮崎県南部北郷町で県道に接する位置にある。オビスギは400年の歴史を有する飫肥林業唯一の古い年代の造林地である。保存林のオビスギは、明治11年の山床直挿しの造林地と言われ、この地は飫肥藩時代に猟場50haの一部であった。造林に当たっては、身の丈ほどのススキが繁茂しているにもかかわらず、ススキを踏みつけ無地拵で、造林木から採穂し直挿したものと推定されている。1ha当たり1,500本程度で、直挿し後3~4回穂植おこない造林地となったと思われる。オビスギの成長過程を知るための貴重な林分である。全国からの見学者も多い。 

三ツ岩林木遺伝資源保存林_全景

            三ツ岩林木遺伝資源保存林  全  景

 

三ツ岩林木遺伝資源保存林_オビスギの巨木 三ツ岩林木遺伝資源保存林_遠景

         オビスギの巨木                      遠   景

2.目的  

 オビスギの保存

3.所在地 

 宮崎県 日南市 北郷町 三ツ岩国有林 91あ林小班

 三ツ岩林木遺伝資源保存林_案内図

4.設定年月日 

 平成元年3月31日

5.面積 

 5.07 ha

6.関係森林管理署等 

 宮崎南部森林管理署

7.現況 

 標高:200m

 傾斜:中

 地質:火山灰

 土壌:BIC

 林齢:120年生以上

8.取り扱い方針 

 禁 伐  

 被害木の除去、災害防止及び学術研究のための伐採はできるものとする。

 保存対象樹種の更新を図るため植込みを行う場合は、当該林分から採取した種穂又はこれから養成した苗木を用いる。

9.備考 

 旧名称「三つ岩学参」 面積5.07ha  設定 S 16.3.31

お問い合わせ先

計画保全部計画課計画課01 
担当者:生態系保全係
代表:096-328-3500(内線559)
ダイヤルイン:096-328-3612
FAX:096-325-3804

森林管理局の案内

リンク集