このページの本文へ移動

九州森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    くじゅう山風景林

      

     くじゅう山風景林は、阿蘇くじゅう国立公園に指定されている「くじゅう連山」の中にあり、大分県竹田市及び由布市に所在しています。
    区域面積は約1370haで、沓掛山から扇ヶ鼻・岩井川岳を経由して南斜面の国有林境までの一帯、久住山・稲星山・肥前ヶ城の南斜面の標高1200m~1500m程度までの一帯、大船山の東斜面及び黒岳のほほ全域が区域になっています。
    中腹ぐらいまでは、ブナ、シデ、ケヤキ、カエデ、コナラ、ミズナラなどの自然林となっています。
    標高が高い所は、ミヤマキリシマ、ツクシドウダン、ノリウツギなどの低木の自然林となっていて、多くの高山植物も自生しています。
    山頂などからは、くじゅうの山々や阿蘇の山々、祖母傾山系、由布・鶴見岳、久住高原、飯田高原など雄大な景観を展望することもできます。 

     

    見どころ

    風景

    くじゅう連山の航空写真
     くじゅう連山の航空写真(黒岳は大船山の先にあり、山頂が僅かに見えています)

    久住高原からの眺望 
    久住高原からの眺望(左は久住山、右は稲星山) 

    沓掛山

    久住山・扇ヶ鼻方面への登山コースは複数ありますが、最も登山者が多いのは牧ノ戸峠からの登山コースです。
    そのコース上にある沓掛山からが「くじゅう山風景林」になっていて、自然林の風景を楽しむことができます。
     また、くじゅうの山々や飯田高原、阿蘇の山々、由布・鶴見岳などを展望することもできます。

    沓掛山  沓掛山から阿蘇方面の展望
    沓掛山                                                                                      沓掛山から阿蘇方面の展望
     

    沓掛山から三俣山・星生山方面の展望  沓掛山から扇ヶ鼻方面の展望
    沓掛山から三俣山・星生山方面の展望                                             沓掛山から扇ヶ鼻方面の展望  

    扇ヶ鼻

    扇ヶ鼻はミヤマキリシマの名所で、開花時には特にすばらしい風景になります。
    また、山頂はなだらかですが、くじゅうの山々や阿蘇の山々、祖母傾山系、由布・鶴見岳、久住高原、飯田高原など雄大な景観をパノラマ的に展望することもできます。

    ミヤマキリシマ開花時の扇ヶ鼻  扇ヶ鼻から沓掛山・黒岩山・泉水山方面の展望
    ミヤマキリシマ開花時の扇ヶ鼻                                                       扇ヶ鼻から沓掛山・黒岩山・泉水山方面の展望 

    扇ヶ鼻から湧蓋山方面の展望  扇ヶ鼻から久住高原・阿蘇方面の展望
    扇ヶ鼻から湧蓋山方面の展望                                                         扇ヶ鼻から久住高原・阿蘇方面の展望

    久住山の南斜面

    くじゅう山風景林は久住側の風景も優れていて、登山道の中程からは久住高原や阿蘇の山々、祖母傾山系などの展望を楽しむこともできます。
    また、南登山道の中程までは、ブナ、シデ、カエデ、コナラ、ミズナラなどの高木の自然林となっていて、新緑や紅葉などの風景を楽しむこともできます。

    南登山道から祖母傾山系方面の展望  南登山道から久住山方面の眺望
    南登山道から祖母傾山系方面の展望                                                南登山道から久住山方面の眺望 

    赤川登山道から久住高原・阿蘇方面の展望  南登山道沿いの自然林
    赤川登山道からの久住高原・阿蘇方面の展望                                      南登山道沿いの自然林

    黒岳

    黒岳は、ブナ、ケヤキ、オヒョウ、ミズメ、シデ、コナラ、カエデなど高木の自然林の風景を楽しむことができます。
    また、ツクシシャクナゲの名所にもなっています。

    由布市阿蘇野からの黒岳の眺望   黒岳のブナ
    由布市阿蘇野からの黒岳の眺望(紅葉時)                                                                              黒岳のブナ

    黒岳の自然林  黒岳の自然林の紅葉
    黒岳の自然林                                                                              黒岳の自然林(紅葉) 

    植物

    くじゅう山風景林を代表する高山植物はミヤマキリシマです。
    花の最盛期は6月上旬から6月中旬頃で、主に山上部でピンクのじゅうたんを敷き詰めたように咲き誇り、すばらしい風景となります。
    また、くじゅう山風景林では、ミヤマキリシマのほかにも様々な高山植物と出会うことができます。
    掲載している植物はその一部で、()書きは花が咲く頃です。

    ミヤマキリシマ  ミヤマキリシマ
    ミヤマキリシマ                                                                           ミヤマキリシマ 

    コケモモ  くじゅう山風景林-ヤマシャクヤク  ツクシシャクナゲ
    コケモモ(花は5月下旬~6月上旬)                    ヤマシャクヤク(4月下旬~5月上旬)                  ツクシシャクナゲ(4月下旬~5月) 

    くじゅう山風景林-イワカガミ  ツクシドウダン  ユキザサ
    イワカガミ(5月中旬~6月上旬)                       ツクシドウダン(5月下旬~6月上旬)                   ユキザサ(5月)

     くじゅう山風景林-マイヅルソウ  ノリウツギ  シモツケ
    マイヅルソウ(5月中旬~6月上旬)                    ノリウツギ(7月~8月)シモツケ(7月~8月)          シモツケ(7月~8月) 

    ママコナ  イヨフウロ  ヒヨドリバナ
    ママコナ(7月中旬~8月上旬)                         イヨフウロ(7月~9月)                                   ヒヨドリバナ(8月~9月、蝶はアサギマダラ) 

    ホクチアザミ  くじゅう山風景林-サイヨウシャジン  フクオウソウ
    ホクチアザミ(8月~9月)                                サイヨウシャジン(8月下旬~9月中旬)                フクオウソウ(8月~9月)

    ダイモンジソウ  マツムシソウ  ワレモコウ
    ダイモンジソウ(8月~10月)                            マツムシソウ(8月~10月)                             ワレモコウ(8月~10月)

    アキノキリンソウ  リンドウ  ウメバチソウ
    アキノキリンソウ(9月)                                   リンドウ(9月~10月)                                   ウメバチソウ(9月~10月)

    くじゅう山風景林の近くの名所

    久住山

    くじゅう連山の主峰で、標高は中岳に次いで高く(1787m)抜群の知名度と人気を誇ります。
    山頂からの展望は特にすばらしく、くじゅうの山々や久住高原、阿蘇の山々、祖母傾山系、由布・鶴見岳など雄大な景観をパノラマ的に展望することができます。

    久住山  久住山山頂から三俣山方面の展望
    久住山                                                                                      久住山山頂から三俣山方面の展望 

    中岳 

    九州本土最高峰(1791m)で、くじゅうの山々、御池、坊ガツル、祖母傾山系、由布・鶴見岳などを展望できます。

    中岳  中岳山頂からの展望
    中岳                                                                                         中岳山頂付近から御池・久住山方面の展望

    大船山 

    標高は久住山とほぼ同じ(1786m)で、山頂からの展望は特にすばらしく、噴火口跡の御池・米窪・段原や、くじゅうの山々、坊ガツル、久住高原、祖母傾山系、由布・鶴見岳など雄大な景観をパノラマ的に展望することができます。
    また、初夏には国指定天然記念物になっているミヤマキリシマの花を、秋には紅葉を楽しむことができます。

    大船山山頂からくじゅう連山の展望  大船山山頂付近(紅葉時)
    大船山山頂からくじゅう連山の展望                                                大船山山頂から御池方面の展望(紅葉時)

    星生山と久住高原ロードパーク沿いの紅葉

    星生山に連なる西斜面は、紅葉の名所になっていて、牧ノ戸峠から久住山方面に登る途中に楽しむことができます。
    また、久住高原ロードパーク沿いにも紅葉の名所があり、くじゅう山風景林と隣接民有林の紅葉が一体となって、すばらしい風景になります。

    星生山の紅葉  久住高原ロードパーク沿いの紅葉
    星生山の近くの紅葉                                                                    久住高原ロードパーク沿いの紅葉 

    男池と名水の滝

      男池は、くじゅう山風景林のすぐ近くの民有地にあり、黒岳の地下水(水温12.6℃)が1日当たり約2万トン湧出しています。
      名水の滝は、男池の少し下流にあり、くじゅう山風景林に接していて、名前のとおり水がとても綺麗な滝です。
      男池駐車場から男池を経由して名水の滝まで遊歩道が整備されています。
      遊歩道の約半分の区間は「くじゅう山風景林」の中を通っていて、ブナ、ケヤキ、オヒョウなどの自然林の中で森林浴を楽しみながら散策することができます。

    男池  名水の滝
    男池                                                                                         名水の滝 

    アクセス

    自動車 

    湯布院ICから牧ノ戸登山口まで約45分
    九重ICから牧ノ戸登山口まで約45分
    JR豊肥線宮地駅から牧ノ戸登山口まで約35分
    JR豊肥線豊後竹田駅から赤川登山口まで約40分
    由布市庄内庁舎から男池登山口まで約25分 

    バス

    JR久大本線豊後中村駅から牧ノ戸峠まで約1時間(土休日のみ運行、冬季は運休) 

    図面:くじゅう山風景林 

    現地情報

     環境省長者原ビジターセンター

    くしゅう連山が望める絶好の場所に位置し、くじゅうの歴史や自然の様子を展示している施設です。
    施設の裏手には、ラムサール条約登録湿地のタデ原湿原が広がり、木道が設置されていて、四季折々の自然を肌で感じながら、散策することができます。

    所在地 : 九重町大字田野(長者原交差点)
    開館時間 : 9時00分~16時00分
    休館日 : 毎週火曜日、12月29日~1月3日
    入館料 : 無料

    環境省長者原ビジターセンター  タデ原湿原
    環境省長者原ビジターセンターと三俣山                                          センター裏手のタデ原湿原と三俣山

    (出典:環境省長者原ビジターセンター)

    お問合せ先

    大分森林管理署
    TEL:097-532-9281
    FAX:097-532-2357