ホーム > 生物の多様性の保全 > 九州国有林の取組 > 緑の回廊


ここから本文です。

更新日:26年 4月1日

担当:計画課生態系保全係

緑の回廊

緑の回廊の概要

 九州森林管理局管内では、野生動植物の生息・生育地を結ぶ移動経路を確保するため、保護林と保護林の間を結ぶ「緑の回廊」を設定しています。保護林同士でネットワークを形成し相互交流を促すことによって、より広範で効果的な森林生態系の保護に努め、種の保全や遺伝的な多様性の確保を図っています。

  緑の回廊概念図

管内の緑の回廊

 九州森林管理局管内では2カ所が指定されており、人工林の中に自然に生えた広葉樹を積極的に保残するなど、野生動植物の生息・生育環境に配慮した施業を行っています。

 ・綾川上流緑の回廊

 ・大隅半島緑の回廊

 

緑の回廊位置図

  管内の緑の回廊位置図

緑の回廊等に関する調査報告書

 保護林等に関する調査報告書へのリンクをご覧ください。

 

お問い合わせ先

計画保全部計画課計画課01 
担当者:生態系保全係
代表:096-328-3500(内線559)
ダイヤルイン:096-328-3612
FAX:096-325-3804

森林管理局の案内

リンク集