このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    飯ヶ岳トレッキング~滑マツと紅葉の滑山国有林~

      11月13日(日曜日)、山口市の徳地森林セラピー基地で活動する「森の案内人の会事務局」の主催により『飯ヶ岳トレッキング~滑マツと紅葉の滑山国有林~』が行われました。
    この飯ヶ岳トレッキングは、毎年春と秋の2回開催されており、春は可憐なベニドウダンの花が、秋は一面の紅葉が見所です。
    今回のイベントでは、一般参加者19名、森の案内人外12名の方々が参加し、一般参加者には春にも参加されたリピーターが半数近く見られました。
    事前にそれぞれの自己紹介や準備体操、コース確認を済ませ、10時に登山開始です。
    登り始めて約15分、滑マツの巨木に到着しました。
    そこで、当所職員が滑マツの概要説明を行い、参加者は滑マツに触れたり、匂ったり・・・それぞれに五感を通して滑マツを堪能していただきました。

    巨木滑マツに到着

    恐る恐る沢を渡る

    滑マツの巨木に感動

    恐る恐る沢を渡る

     

    そして、道中ではピークに達した紅葉がお出迎えです。
    春のトレッキングで見たベニドウダンの葉も真っ赤に色づいており、リピーターの方々は林内の景色の移り変わりを感じていました。
    また、森の案内人の方々からは出くわす木々の説明もあり、新たな気づきや発見が沢山ありました。

     

    281113-3

    281113-4

    ベニドウダンの紅葉が美しい

    深ササをかきわけながら山頂を目指す

    281113-5 281113-6

    当所職員によるブナ林の説明

    山頂までもう一息

     

    更に道を進み続け、お昼過ぎには山頂に到着することができました。山頂では、360度の景色を堪能しながら、昼食を楽しみました。
    昼食を終えたあとは体力も回復し、遠くに紅葉と滑マツの景色を眺めながら、午後3時頃に下山することができました。
    参加者からは、「紅葉がきれいで、来てよかった」、「滑マツのことを初めて知った、高く真っ直ぐ伸びる姿がかっこいいですね」といった感想を頂きました。 
    このイベントを通して、森林の魅力や滑山国有林と滑マツのことを知っていただけたと思います。

     

    281113-7 281113-8

    頂上からは遠くの山々を一望

    当所職員による滑マツのクローン苗の説明

    281113-9 281113-10

    山頂にて集合写真

    下山後に三本杉に寄りました!

    お問合せ先

    山口森林管理事務所

    担当者:083-922-0386
    ダイヤルイン:050-3160-6155
    FAX番号:083-923-4631

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader