このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    城山国有林で檜皮の採取が行われています

    当所管内の城山国有林では、文化財の保存修復等に必要な檜皮を供給するため、檜皮採取対象林を設定し、今年度も12月上旬から3月下旬にかけて※原皮師(もとかわし)による採取が行われています。

    また、この間の1月22日から2月16日には、原皮師の技能向上を目的に11名が参加した「檜皮採取研修」も開催されました。

    採取された檜皮は、主に国内の文化財指定を受けている神社・仏閣等の屋根の葺き替えに使用されます。

    当国有林は、檜皮の供給とともに原皮師養成の場等として、伝統文化の継承に貢献しているところです。

    剥ぐ檜の確認

    剥く檜を確認


    根元からへらで剥ぐ

    根元からへらで剥ぐ

    引き剥がす

    引き剥がす

    1段目の足掛けをつくる1段目の足掛けをつくる

    足場を安定させて剥ぐ作業を繰り返す
    足場を安定させ剥ぐ作業を繰り返す
    皮の汚れを落とす

    皮の汚れを落とす

    揃えてまとめる

    揃えてまとめる

    大切包丁で裁断する

    大切包丁で裁断する

    計量

    計量後、一丸30kgに揃える

     






















    お問合せ先

    山口森林管理事務所

    ダイヤルイン:050-3160-6155
    FAX番号:083-923-4631