このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    山口県高度林業作業士育成研修(森林調査)への協力

     

    平成29年9月1日(金曜日)、山口県林業指導センターで実施される山口県高度林業作業士育成研修カリキュラムの一つである「森林調査」の実習で、当所のフィールドを提供し、職員が講師を努めました。

    この森林調査は、昨年度に続き2回目で、林業に携わる研修生5名、県職員3名、計8名を受け入れ実施しました。 

    午前は、最初に当所職員が森林調査の趣旨や手法等について説明を行いました。

    その後、参加者全員で調査区域内にある樹木について、ナンバリング、直径・樹高の目測・実測、記帳を行い、立木幹材積表を用いて立木材積を算出しました。目測と実測を実施することで、各自の感覚と実際との誤差を比較、検討することができました。

    午後からは、当所所有のドローンを使用した森林調査の手法やドローンの操作方法等について説明や、林況等の確認飛行を行いました。 

    研修生には、実習を通して森林調査に係る技術や知識を深める良い機会になったのではないかと思います。

    当所職員による説明 調査の様子
    当所職員による説明 調査の様子
    調査の様子 ドローン飛行の様子
    調査の様子 ドローン飛行の様子

     

    お問合せ先

    山口森林管理事務所

    代表:083-922-0386
    ダイヤルイン:050-3160-6155
    FAX番号:083-923-4631

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader