このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    三重県、奈良県、和歌山県の林務担当者を対象に「コンテナ苗植栽見学会」を開催しました

    平成2936日、和歌山県西牟婁郡すさみ町にある宮城川国有林において、「コンテナ苗植栽見学会」を開催しました。現地は今年度、伐採・植栽のいわゆる一貫作業システムを行っている所です。各県の林務担当者のほか和歌山水源林整備事務所、和歌山県山林種苗協同組合、周辺の森林組合、低コスト造林技術研究会にも参加して頂き、総勢76名の参加者となりました。

    この見学会は、コンテナ苗が民有林に普及していない中、県の林務担当者等に実際のコンテナ苗を見て、植え付けを体験してもらうために、三重森林管理署・奈良森林管理事務所・和歌山森林管理署の共催によるフォレスター支援活動として実施したものです。

    まず、木村森林技術指導官から現地の状況、コンテナ苗の特徴、植栽方法について説明を行い、普通苗とコンテナ苗の植え付けを職員が実演。その後、参加者は交代しながら植栽器(デュブル)を使って、スギのコンテナ苗2年生と3年生(150cc)の植え付けを行いました。植栽器での植え込み深さを気にしながらも、普通苗の植え付けと比較しつつ、次々と植え付けていきました。

    質疑応答では、普通苗とコンテナ苗の植え付け功程の違い、現地での仮植の必要性、植栽時期を選ばないのかなど、参加者からは熱心な質疑が寄せられました。この見学会を通じて、コンテナ苗の普及PRに少しでも繋がったのではないかと考えています。

    なお、平成29525日から26日には、3県の林務担当者、森林組合等林業事業体等を対象に「低コスト造林の普及啓発に向けた現地検討会」を、同じ場所で開催する予定です。

    コンテナ苗の説明
    【コンテナ苗の説明】

    コンテナ苗
    【普通苗とコンテナ苗】

    植付
    【植栽機での植付け】

    植付3
    【植付けの様子】

    意見交換
    【質疑応答】

    添付資料
    コンテナ苗植栽見学会 配布資料(PDF : 2,976KB)

    お問合せ先

    和歌山森林管理署
    ダイヤルイン:050-3160-6120
    FAX:0739-25-5433

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader