このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    鳥取県と地域林政連絡会議を開催

      地域の課題を把握し、国有林のフィ ールドや組織、技術を活用して解決の一助となることを目的に、鳥取県等との情報交換の場を定期的に設けています。
      今回は鳥取県が林業の成長産業化を図るための取り組まれている現場を視察しました。
      はじめに、オーストリア製のタワーヤーダーを使用して搬出している現場を視察しました。これまでの高密度路網を中心とした車両系の搬出システムだけでなく、架線を活用した新たな作業システムの導入が不可欠として取り入れられたものです。

     タワーヤーダー
    オーストリア製架線機械タワーヤーダー
     タワーヤーダー2















     
    次に木材生産の増大に伴い懸念される労働災害を防止するため、とっとり林業技術訓練センター「Gut Holz(グットホルツ)」でオーストリアでの安全取組を参考にした林業研修機器を視察。
      安全に特化した林業研修の場として伐倒訓練装置などを整備し、OJT研修を実施する側の指導者育成や伐倒技術等の基礎的技術の習熟の推進を行い、雇用の質の向上と若者が安心して働ける職場環境の実現を目指すものです。

     枝払い装置
     枝払い訓練装置。バーの入れ方やどの枝から切るのか 等を学びます。枝の付け根は磁石になっていました。
    キックバック    チェンソーのバーがキックバックする装置。
        キックバックの恐ろしさを学びます。


    最後に鳥取県、近畿中国森林管理局、当署の平成29年度事業の取り組み内容等について意見交換を行い連携を深めました。
    会議の模様

    お問合せ先

    鳥取森林管理署

    担当者:総括事務管理官
    代表:0857-23-5411
    ダイヤルイン:050-3160-6125
    FAX番号:0857-23-5412

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader