このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    「競争の導入による公共サービスの改革に関する法律」に基づく「沖ノ山国有林外森林整備事業(間伐(存置型を含む))」の落札者の決定について

    平成29年7月19日

    「競争の導入による公共サービスの改革に関する法律」(平成18年6月2日法律第51号)に基づく民間競争入札を行った「沖ノ山国有林外森林整備事業(間伐(存置型を含む))」については、次のとおり落札者を決定いたしました。

    1  落札者の名称  沖ノ山事業共同事業体

    2  落札金額  114,372,000円(税込み)(事業期間平成29年7月25日~平成31年11月30日までの3か年度)

    3落札者の評価値
        ・標準点及び加算点の合計178点(満点260点)
        ・入札金額(税抜き) 105,900,000円
        ・評価値  1.681(評価値は、必須項目及び加点項目の得点の合計を入札価格で除した値を10の6乗倍したもの)

    4  落札者決定の経緯及び理由
    落札者の決定については、国有林の間伐等事業における民間競争入札実施要項に基づき、入札参加者(1者)から提出された企画提案書について、評価項目に基づき審査を行い、いずれも必須項目の基準を満たしていた。
    入札価格については、平成29年6月9日に開札した結果、1者が予定価格の範囲内であったことから、この者について総合評価を行ったところ、上記の者が落札者となった。

    5  落札者における事業の実施体制及び実施方法の概要
    落札者が行う業務は、事業全体の企画立案及び進行管理等、間伐等、路網整備の3事業である。本事業の実施に当たっては、現場代理人3名、技能者91名を配置し、壊れにくく、低コストな路網を整備した上で、高性能林業機械を主体として高効率で低コストな間伐を実施する。

    お問合せ先

    鳥取森林管理署

    担当者:総括事務管理官
    代表:0857-23-5411
    ダイヤルイン:050-3160-6125
    FAX番号:0857-23-5412

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader