このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    今山国有林で現地見学会を開催

       国有林の業務を実際の現場を見る中で知ってもらうため、島根大学の学生を対象とした現地見学会を7月19日に今山国有林で実施しました。当日は、林学を専攻している島根大学の学生4名(男子1名、女子3名)が参加しました。

       はじめに大和森林事務所で林野庁の取組や業務等の説明を行いました。初めて森林事務所を訪れた学生の方は、森林事務所に住居が併設されていることなどにも関心を寄せている様子でした。

              森林事務所での説明

                                          森林事務所での説明

       次に、今山国有林へ移動し、コンテナ苗の植樹体験や主伐・間伐実行箇所の見学などを行いました。育林コストの低減の取組や、現地の作業内容等を説明した後、実際にコンテナ苗を植樹してもらいました。
       植樹体験では、事業体の方から植栽器の使用方法や、植付方法を指導していただきました。
       最初は緊張している様子の学生のみなさんでしたが、「私も実際にコンテナ苗の植付をするのは初めてですよ」と話しかけると、「はじめてコンテナ苗の植付けを行った」「自分の植えた苗の成長がどうなるか楽しみ」と話してくれ、大学の講義とは違った経験ができた様子でした。
       また、コンテナ苗と普通苗の植付方法の違いや、苗の生産に関することなどの説明なども行いました。

    コンテナ苗の植樹体験    植樹方法の指導

                   コンテナ苗の植樹                                       体験植樹方法の指導を受ける

       現地の見学では、実際に主伐実行箇所や列状間伐の箇所を見学しました。実際に現地を歩きながら、学生の方から「林道と
    森林作業道の違いは何ですか」「どのように森林作業道を作っているのか」などの多くの質問がありました。

    事業実行箇所見学

                                      事業実行箇所の見学

       意見交換では、「現場以外での林野庁の職員の仕事は何か」など、業務に関する質問に加え、女子学生が多く参加していたことから、女性職員へ「職場に女性は何人いますか」「女性だからこそ困ったことは何ですか」といった質問もあり、こうした意見交換が女性の参画につながって欲しいと感じました。

    お問合せ先

    島根森林管理署

    〒690-0873
    島根県松江市内中原町207
    Tel:050-3160-6130(代表)
    Fax:0852-24-5454