このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    まほろばの森で森林教室を開催

    10月7日(金曜日)に「遊々の森」協定による美郷町立大和中学校との森林教室を実施しました。

      この活動は、毎年中学1年生を対象とし、林業体験と森林教室を通して、森林及び国有林に興味を持って貰うことを目的に行っています。

      今年は、男子生徒6名・女子生徒3名・引率の先生3名が参加し、森林管理署から4名が森林教室や作業補助を行いました。実施場所は平成19年に「森・川・海を結ぶ植樹祭」として、ヒノキ・ブナ・サクラ等を地元自治会・漁協・森林管理署等で植栽した、一本杉山国有林です。

    森林教室まほろばについて
                  森林教室(まほろばについて)


      美郷町は、面積の約90%が森林で、その20%が国有林という山間地域です。江戸時代には石見銀山の銀の生産のため、木材を伐採していたようで、今でも窯跡等の名残が残っていますが、今の中学生には森林林業に興味が薄いのかなと感じていました。

      初めに森林教室として、森林の役割や林業による山の手入れの必要性を説明しました。また「遊々の森」の名称「まほろばの森」のまほろばという言葉の意味や有名な和歌「やまとは国のまほろばたたなずく青垣山ごもれるやまとうるわし」の説明等を行い、最後に下刈鎌の使用方法と安全について説明を行いました。

    ノコギリで灌木の伐採         下刈鎌でササの伐採
                       ノコギリで灌木の伐採                                                                     下刈鎌でササの伐採


      作業内容は生徒3名でグループを組み、植栽木の周りの笹・灌木等の伐採です。道具は鎌とノコギリ・剪定ばさみを使用し、傾斜地の中、長靴で作業を始めました。鎌での作業では苦労しているようでしたが、ノコギリで灌木を切ると、達成感でみんな楽しそうに作業を進め、怪我もなく無事終了することが出来ました。

      今回は午前中の短い時間でしたが、最後に生徒から、林業体験が楽しかった、森林林業に興味を持ったと感想があり、森林管理署としてこれからも続けていきたいと思いました。

    全員で記念撮影
                               全員で記念撮影

    お問合せ先

    島根森林管理署

    〒690-0873
    島根県松江市内中原町207
    Tel:050-3160-6130(代表)
    Fax:0852-24-5454

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader