このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    「コンテナ苗の普及に向けた現地検討会」
      (平成28年10月13日~10月14日)

        近畿中国森林管理局では、「コンテナ苗の普及に向けた取組」の成果と課題について、民有林への普及を図るため、10月13日(木曜日)~14日(金曜日)に岡山県勝田郡奈義町及び新見市において、低コスト化を進めるうえでの重要な要素であるコンテナ苗の普及に焦点を絞り、現地検討会を開催しました。
        主伐・再造林の推進に伴い、苗木需要の増加が見込まれ、植栽時期を選ばず高い活着率などが期待されるコンテナ苗を用いた低コスト造林技術に対する関心が高いことから、近畿中国森林管理局管内の林木育種センター、森林整備センター、府県担当者、府県森林・林業研究機関担当者、森林組合、種苗組合関係者など、民有林関係者約70名の参加がありました。
        第1部は、合田次長から、「利用期を向かえた森林が増加する中で、資源の循環利用の観点から、民有林においても主伐を進めていく必要があり、コンテナ苗の普及を図るため、国有林のフィールドを活かし、コンテナ苗を用いた伐採と造林の一貫作業システムの取組が事業レベルで有効かどうかの実証を複数の箇所で行うなど、林業の低コスト化に向けた技術開発と、その成果の普及・定着に積極的に取り組む」と挨拶がありました。
        その後、担当者から「コンテナ苗の普及に向けた取組の背景とねらい」、豊並樹苗生産組合の長畑組合長から「コンテナ苗生産の工夫と現状」について情報提供や実務的なノウハウを含めた説明があり、参加者は高い関心を示していました。その後、コンテナ苗生産の苗畑を視察し、意見交換では、コンテナ苗普及の考え方やコンテナ苗の価格等に関する意見・質問がありました。
        また、第2部は、三光山国有林において、現地検討を行いました。
        初めに、(研)森林総合研究所関西支所の家原産学官民連携推進調整監から、共同試験の目的・概要の説明がありました。
        三光山国有林では、森林総合研究所関西支所と共同で試験地を設定し、コンテナ苗等を季節別(8月、10月、4月)に植栽して活着状況や成長量の調査を実施しています。また、無下刈区を設定し、苗木と競合関係にある雑草等が繁茂する状態で、ヒノキコンテナ苗の成長量、生存率について、下刈区と比較調査を実施しています。
        当日は、森林管理局の森林技術・支援センター所長から、試験地から掘り取った苗木の掲示及び成長量や発根状況について説明を行った後、試験地に移動して、季節別に植栽した箇所のコンテナ苗の成長量等の確認や無下刈り区において、下刈り省略の可能性について検討しました。
        その後、、(研)森林総合研究所関西支所の諏訪主任研究員からコンテナ苗のメリット及び課題等の説明があり、意見交換を行いました。参加者からは、無下刈り区の成長状況など、実際に現地で確認でき参考になった。伐採後の速やかな植栽が大事なことがわかったとの声が聞かれました。
        最後に、高井森林整備部長から、コンテナ苗は一貫作業システムとセットになるが、生産班と造林班の連携をとって、そのメリットをきちんと得ることが重要であり、これからの再造林の施業方法を考えるに当たっては、今までの人工林施業の常識的な方法を根本的に考え直す必要があるとのまとめがありました。
        近畿中国森林管理局では、引き続き試験成果の民有林等への普及・定着に努めていきます。

     

    【第1部】

    2016現地検討1

    挨拶する合田次長

     2016現地検討2

    長畑組合長からコンテナ苗について説明を受ける

    2016現地検討3

    コンテナ苗生産の苗畑を視察

    2016現地検討4

    コンテナ苗の植樹を体験

     

    【第2部】

     

    2016現地検討5

    森林総合研究所関西支所の家原産学官民連携推進調整監より共同試験の目的・概要の説明を受ける

    2016現地検討6

    森林技術・支援センターの細川所長から苗木の成長量や発根状況について説明を受ける

    2016現地検討7

    季節別に植栽した箇所のコンテナ苗の成長量等の確認や無下刈り区において、下刈り省略の可能性について検討

    2016現地検討10

    森林総合研究所関西支所の諏訪主任研究員からコンテナ苗のメリット及び課題等の説明

    資料

    資料は下記よりご覧いただけます。

     

    【第1部】

     

    【第2部】

     

    アンケート結果

       ご参加いただきまました皆様、アンケート調査にご協力いただき、ありがとうございました。

       アンケート結果については、こちら(PDF:139KB) をご覧下さい。

     

    平成27年度

    平成26年度

    平成25年度

    お問合せ先

    森林整備部 技術普及課

    代表:050-3160-6700(内線3481)
    ダイヤルイン:050-3160-6750
    FAX:06-6881-2055

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader