ホーム > 森林・林業再生に向けた取組 > Ⅳ 林業専用道のモデル路線


ここから本文です。

Ⅳ 林業専用道のモデル路線 

 平成23年度から林業専用道の設計及び施工が開始されますが、国有林が開設する林業専用道は民有林に先駆けて整備することとなることから、林業専用道のモデルとなる路線を作設し、国有林が計画・設計・施工に関し、先導的な役割を果たすとともに、林道担当者の林業専用道に関する認識統一を図るための現地検討会等に利用することを目的として、林業専用道モデル路線を設定することになりました。

 近畿中国森林管理局においては、准フォレスター研修や林業専用道技術者研修のフィールドに比較的近い、岡山森林管理署管内の高ノ峰国有林において林業専用道モデル路線を設定し、検討委員会を設け、路網・作業システム検討委員会の委員である壁村氏のアドバイスを受けながら、平成23年度は線形の調査設計を行い、平成24年度から施工する予定としています。

高ノ峰林業専用道

開設延長 1,100m 幅員3.5m

高ノ峰林業専用道

モデル路線現地検討会状況(H23.10.23.~24.)

Ⅳ 現地検討会状況-1Ⅳ 現地検討会状況-2
Ⅳ 現地検討会状況-3Ⅳ 現地検討会状況-4

 

お問い合わせ先

森林整備部森林整備課
担当者:設計指導官
代表:050-3160-6700(内線3513)

森林管理局の案内

リンク集