このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     「学校林・遊々の森」全国子どもサミットin京都の開催について

    学校林ゆうゆうの森全国こどもサミットin京都 

    「学校林・遊々の森」全国こどもサミットin京都 開催概要

    寺院など伝統的木造建造物が多く残る古都・京都において「森と人とのつながり」をテーマに、「全国こどもサミットin京都」を8月6日(月曜日)~7日(火曜日)に開催しました。
    本サミットは、学校林や遊々の森での自然体験活動の取り組みを広げていくことを目的として平成19年に東京都八王子市で開催したのが始まりで、今回で6回目となります。

    1開催の様子

    (1)森林体験活動発表会

    森林体験活動発表会初日、会場となった知恩院和順会館(京都市東山区)には、学校林や遊々の森において環境学習や森づくり活動など森林環境教育に積極的に取り組んでいる全国20の小学校から96名の児童(65名)、先生(31名)と一般傍聴者を含めて約200名が参加し、それぞれの学校から森林をフィールドにした体験活動や森づくりの発表、「学校林、遊々の森」活動を広げていくための意見交換などを行いました。
    冒頭、本サミット実行委員会会長である篠部幸雄氏(京都森林インストラクター会会長)及び前川泰一郎近畿中国森林管理局長が主催者を代表して挨拶しました。
    その後、全参加校による森林体験活動発表のプレゼンテーションが行われ、児童たちはこの日のために練習をしてきた成果を発揮して、それぞれ工夫をしながら活動内容やその成果などについて発表しました。

     

     


    集合写真会場の児童からは、発表小学校に対し「普段はどんな活動を行っているのか」「年に何回学校林に行っているのか」など、様々な質問あり、活発な意見交換が行われました。
    参加した児童からは、「緊張する中でも、満足のいく発表ができた」、「いい体験ができたと感じた」、「ほかの学校の活動(巣箱かけや水質調査など)に驚きと、関心をもてた」との感想がありました。
    また、先生から「生徒は長時間集中して発表を聞いていた」などの感想がありました。
    会場には協賛企業による環境保全活動のPRパネルや発表小学校のポスターセッションコーナーを設けて、サミットを盛り上げました。

     

     

    (2)ナイトウォーク

    ナイトウォーク森林体験活動発表会のあと、ナイトウォークを実施しました。お昼から断続的に続いていた雨が心配されましたが、開始時刻になると、すっかり晴れ渡り薄暗くなっていく京都の夜の中、歩きました。
    児童、先生ともに「夜の雰囲気の中で自然を感じたり、静かな夜の中でも色々な音を聞くことが出来たりしてよい経験ができた」との感想がありました。

     

     

     


    (3)自然体験活動(高台寺山国有林散策)

    自然体験活動当日は、朝から快晴でした。京都森林インストラクター会の説明を聞きながら、知恩院三門から清水寺までの約3kmを散策しました。
    途中、東山森林官による国有林の説明やフィールドビンゴなどのネイチャーゲームなどを楽しみながら笑顔でゴールしました。
    ゴールの清水寺では、清水寺英玄氏から京都東山の状況や森を守ることの大切さについて講話がありました。
    講話児童からは、「筋肉痛になりそう」、「疲れた」とのほか「最後まで歩けた」、「楽しかった」など達成したことを喜ぶ感想に加え、「説明も分かりやすく植物だけでなくカブトムシなどの昆虫や京都の景色、植物の違いなどいろいろな気づいた」、「知ることの楽しさを知った」など意欲ある意見もありました。

    2日間に渡る「学校林・遊々の森」全国こどもサミットin京都は、参加者の大きな拍手と笑顔で終了しました。

     


                 

    2主催

     「学校林・遊々の森」全国子どもサミットin京都実行委員会

    (構成)京都教育大学、京都森林インストラクター会、公益財団法人オイスカ、公益社団法人国土緑化推進機構、一般財団法人日本森林林業振興会大阪支部
    一般社団法人全国森林レクリエーション協会大阪支部、公益社団法人京都モデルフォレスト協会、京都伝統文化の森推進協議会、京都府、京都府教育委員会
    京都市、京都市教育委員会、林野庁、近畿中国森林管理局、箕面森林環境保全ふれあいセンター、京都大阪森林管理事務所

    3協賛及び後援 

    協賛(五十音順)
     アジア航測株式会社
     社団法人大阪林業土木協会
     京セラ株式会社
     近畿労働金庫
     国土防災技術株式会社
    住友林業株式会社
    一般財団法人セブン-イレブン記念財団
     公益財団法人ニッセイ緑の財団
     日本コカ・コーラ株式会社
     一般財団法人日本森林林業協会大阪支部
     三井ガーデンホテルズ
    三菱UFJニコス株式会社

    後援(府県については、都道府県コード順)
    文部科学省
    近畿地方環境事務所
    福井県教育委員会、三重県教育委員会、滋賀県教育委員会、 大阪府教育委員会
    兵庫県教育委員会、奈良県教育委員会、和歌山県教育委員会、鳥取県教育委員会
    島根県教育委員会、岡山県教育委員会、広島県教育委員会、山口県教育委員会
    石川県、福井県、三重県、滋賀県、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県
    岡山県、広島県、山口県

    朝日新聞京都総局、京都新聞社、株式会社教育家庭新聞社、株式会社教育新聞社
    株式会社日本教育新聞社

    お問合せ先

    近畿中国森林管理局  技術普及課
    TEL  050-3160-6753
    FAX  06-6881-3564