このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    今年もやります!「里山広葉樹林活用・再生プロジェクト」~SDGsにも貢献~

    • 印刷
    令和元年8月5日
    林野庁 近畿中国森林管理局

     近畿中国森林管理局では、利⽤されず⾼林齢化している旧薪炭林などの⾥⼭広葉樹林を資源として有効に活⽤しつつ再⽣させるモデルを構築するため、平成29 年度に「⾥⼭広葉樹林活⽤・再⽣プロジェクト」を⽴ち上げました。森林資源の循環利⽤や国産材への移⾏はSDGs の達成にも貢献します。
     本プロジェクトでは、岡⼭県新⾒市内のアベマキ、コナラ、アカマツが優占する⾥⼭林を伐採し、⽣産した丸太を市場で販売することにより、採算性の検証や⾥⼭材のニーズ把握を⾏うとともに、天然更新の可能性を検証する取組を進めています。
     プロジェクトの始動から3年⽬となる今年度も、⾥⼭材の⽣産・販売、伐採後の森林再⽣⼿法の検証、⾥⼭材の需要拡⼤⽅策の検討に取り組みます。また、現地検討会やシンポジウムの開催など積極的な情報発信も⾏ってまいります。

    1.取組内容

     今年度は、平成29 年度以来2度⽬となる⾥⼭材の⽣産・販売を⾏います。平成29 年度の伐採跡地では森林の再⽣状況を調査し、確実かつ低コストな再⽣⽅法を検証します。
     また、若⼿職員によるワーキンググループを新たに⽴ち上げ、⾥⼭材の需要拡⼤⽅策について検討します。プロジェクトで得られた成果は、現地検討会やシンポジウムの開催を通じて情報発信します。詳しくは、添付の資料をご覧ください。
     
     これまでの取組成果は、局HPにて紹介しています。
     http://www.rinya.maff.go.jp/kinki/sidou/gijyutukaihatu/satoyamakouyoujyu.html

    2.その他

     ⽣産した⾥⼭材については、10 ⽉~12 ⽉頃に(株)津⼭綜合⽊材市場新⾒⽀店(岡⼭県新⾒市)にて販売予定です。詳細が決まり次第、局HP の「⽴⽊・素材情報」に素材の「委託販売」情報として掲載します。
     http://www.rinya.maff.go.jp/kinki/apply/publicsale/wood/index.html

    【添付資料】

     プレスリリース(PDF : 267KB) 

     近畿中国森林管理局 里山広葉樹林活用・再生プロジェクト(PDF : 234KB)                     
     里山広葉樹林活用・再生プロジェクト”2019”(PDF : 981KB) 











                      

    お問合せ先

    森林整備部 技術普及課

    担当者:櫻井、礒﨑
    代表:06-6881-3482(内線3482)
    ダイヤルイン:050-3160-6751
    FAX番号:06-6881-2055