このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    【特別企画】森林鉄道のレジェンドが集うトークセッションの開催 -「水源の森ジオラマ作り」-

    • 印刷
    平成30年6月1日
    林野庁 近畿中国森林管理局

    林野庁近畿中国森林管理局では、5月28日(月)から6月22日(金)の期間で「森林鉄道から広がる昔の林業展」と題して、昭和30年代前半までの国有林における木材運搬の主役を担ってきた「森林鉄道」にスポットをあて、戦後復興までの木材や林業の歴史を振り返る展示を行っています。この展示では、国有林としては最初(明治37年)に誕生した和歌山県九度山の森林鉄道の写真や路線図等の貴重な資料をご覧いただけます。

    今回、森林鉄道の歴史を振り返り、その魅力を一層感じていただくため、国有林森林鉄道の精通者であり、今回の企画展の協力者でもある富士大学客員教授 矢部三雄氏、森林鉄道研究家の舛本成行氏、森林鉄道を愛してやまない林野庁職員髙塚慎司課長補佐を招き、トークセッションを開催します。


    1.開催内容
       「森林鉄道(りんてつ)トークセッション」
          (ア) 地域資源としての森林鉄道遺構をどう考えるか、(イ)近畿中国森林管理局管内の森林鉄道の特徴、(ウ)展示模型のウ
        ンチクなどをテーマにトークセッションを開催。
       「水源の森ジオラマづくり(廃線敷バージョン)」
            自然素材を使用して、手のひらサイズの「森のジオラマづくり」クラフト体験を実施。

       ホームページへもパンフレットを掲載しています。
      http://www.rinya.maff.go.jp/kinki/policy/business/sitasimou/gallery/index.html

    2.開催日時
       平成30年6月9日(土)
           ア) 「トークセッション」     14:00~16:00
           イ) 「水源の森ジオラマづくり」     10:00~12:30

    3.添付資料
      企画展(森林鉄道)パンフレット

    4.その他
      展示に関するお問合せは、下記担当までお願いします。
      申込みは不要ですが、参加人数によっては立見スペースでご観覧いただく場合があります。
      当日は、会場に駐車場がございません。お越しの際は、公共交通機関によりお越しください。

           プレスリリース(PDF : 1,157KB)  

    お問合せ先

    森林整備部 技術普及課

    担当者:青木、池内
    代表:06-6881-3500(内線3484)
    ダイヤルイン:050-3160-6753
    FAX番号:06-6881-2055

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader