このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    成長が極めて早い木(早生樹)を学校に植えて育てる全国初の試み-中学校でのセンダンの植樹-

    • 印刷
    平成29年4月18日
    林野庁近畿中国森林管理局 京都大阪森林管理事務所
    京都府立大学大学院 生命環境科学研究科

      これまで、学校教育での植物の観察といえば、アサガオやイネなど1年生の草本類が主体でした。
      今回、多年生の木本類、しかも成長が極めて早い木(早生樹)であるセンダンを学校に植えて、手入れをしながら育て、成長過程を観察する全国初の試みに、以下のとおり関係者で着手します。
      センダンは、西日本各地の暖かい地域に自生する落葉広葉樹で、古くから万葉集等で詠われ市民に親しまれてきました。20年程度で50cmもの太さになり、家具材などに利用できることから、新たな植栽樹種として、最近、期待が高まっています。
      京都府立大学と近畿中国森林管理局は、これまで協力してセンダンの試験栽培等を進めており、このたび、センダンの持つ早生樹としての特徴に着目し、新たに、学校現場での森林環境教育の一環として活用することを提案し、「生徒がセンダンの苗木を校庭に植えて、樹木の育成手法(芽掻きや枝払い等)を学び、成長過程を観察する取組」に対して、両者が定期的に指導し支援していくこととしました。
      今後、このような取組を他地域にも広げていく考えです。
      つきましては、これを記念して、関係者によるセンダンの植樹イベントを下記のとおり行うこととしましたのでお知らせします。                               

                                                                   記

    1  日時:平成29年4月25日(火曜日)   14時00分~15時30分
    2  場所:京都市立蜂ヶ岡中学校(京都市右京区)
    3  内容
    (1) センダンについて説明(京都府立大学)
    (2) 植栽や育成方法について説明・実演(京都大阪森林管理事務所)
    (3) 植樹活動(蜂ヶ岡中学校生徒)
    4  指導協力:京都府立大学、京都大阪森林管理事務所
                     京都府立大学の田中副学長、近畿中国森林管理局の馬場局長が参加。

    5  その他:取材等を希望される方は、問い合わせ先までご連絡ください。
                  なお、蜂ヶ岡中学校への直接の取材・問合せについてはご遠慮願います。

    添付資料

    中学校でのセンダンの植樹について(PDF : 249KB)   センダンとは(PDF : 893KB)   式次第(PDF : 103KB)

    お問合せ先

    林野庁近畿中国森林管理局
       京都大阪森林管理事務所

    担当者:上野、後藤
    ダイヤルイン:075-414-9822

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader