このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    近畿木材利用建築促進フォーラムの開催~CLT等様々な木材の利活用~

    • 印刷
    平成30年1月5日
    林野庁近畿中国森林管理局
    森林整備部 資源活用課

     

    木材の建築分野での積極的利用方策に関する情報について、木材供給側の分野から建築・不動産分野までの産学官の関係者が一堂に会して、大消費地・大阪から発信します。林野庁近畿中国森林管理局と国土交通省近畿地方整備局、関西広域木造建築普及促進協議会が連携して開催する初めてのフォーラムです。

     

    地球温暖化防止や循環型社会の形成促進に向け、木材は伐りだしたあとに植林すればまた丸太を生産できる再生可能な資源(renewable resources)であり、持続的な利用(sustainable use)が可能な資源であることから、幅広い用途で利用していくことが必要となっています。

    一方、木造建築物の主流は低層住宅であり、木材利活用拡大の観点から、中大規模建築物についても木造化・木質化を図ることが重要です。

    本フォーラムでは、中大規模建築物への木材の利活用の一層の促進に資するため、CLT等様々な木材の利活用の取組を紹介し、木造化・木質化で得られる建築物の付加価値化・差別化等について、参加者の皆さんと一緒に考えます。 

    ○ 日時:平成30年2月15日(木曜日)14時00分から17時30分

    ○ 場所:近畿中国森林管理局4階大会議室(大阪市北区天満橋1丁目8-75

    ○ 主催:林野庁近畿中国森林管理局、国土交通省近畿地方整備局、関西広域木造建築普及促進協議会

    ○ 内容:講演、取組紹介(5事例)、パネルディスカッション(別紙参照) 

    ※ 本フォーラムは公開(参加費無料)で行います。傍聴には事前申し込みが必要です。

    ※ 取材を希望される場合は、214日(水曜日)15時までに、下記まで連絡してください。

    プログラム参加申し込み(PDF : 205KB)

    お問合せ先

    森林整備部 資源活用課

    担当者:才本(さいもと)、篠原(しのはら)
    ダイヤルイン:050-3160-6765