このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    大和三山風景林

    大和三山は奈良盆地南部の橿原市の平野に位置し、耳成山、香久山、畝傍山国有林の三つの山で構成され、それぞれ風景林に指定されています。

    大和三山は歴史的にも大変古くから神話等で登場し、神の鎮まる地とされ、また万葉集には大和三山を詠しんだ歌も多く『藤原京』は風水思想の考えの下に、大和三山を結ぶ中心地に造営されています。

    大和三山は現在も歴史、文学、考古学、民族学上も重要な山として位置づけられ、又、地域住民の憩いの場として利用されています。

    大和三山



    耳成山

    耳のない、その円満な姿から「耳成山(みみなしやま)」と名付けられたといわれ、この山にはクチナシの木が茂っており、また麓には目なし池もあり、「三無し(耳・口・目)」がそろっているのは暗示的であるともいえます。
    山頂には天神社(耳成山口神社)が鎮座するので、天神山とも俗称します。地元の人からは、『天神さん』と呼ばれ雨乞いの神様として親しまれてきました。
    標高139.7mと三山のうちでは一番低く、安山岩からなる死火山です。もとは高い山であったようですが、盆地の陥没で沈下し、単調な円錐型小丘となり残っています。
    耳成山
    耳成山



     

    香久山

    多武峰(とうのみね)から橿原市の平野部に突き出た部分が香久山(152m)で、古くから神話の中に出てきています。
    万葉集の持統天皇の歌『春過ぎて夏来るらし白妙の衣ほしたる天の香久山』は有名です。
    又、藤原京の東に位置することから、太陽信仰の地として神を祀ったという伝説もあり、『天の岩戸神話』の舞台として今も岩戸神社や天香山神社があります。

    香久山
     藤原京跡から望む香久山



    畝傍山

    畝傍山(199m)は大和三山の中で一番高い山で、その裾には初代神武天皇から4代懿徳天皇までの陵墓があり、日本民族の古里とも言われています。
    山裾にはヒノキ人工林、中腹以上は落葉樹、照葉樹が混ざり、橿原神宮の背景林として美し山容を見せています。

    /nara/mori-enjoy/img/4_1.jpg
    橿原神宮より望む畝傍山


    交通手段

    /nara/mori-enjoy/img/sanzan1.jpg