このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    2017年度合同パトロール~労働災害防止の呼び掛け~

      71日から始まる全国安全週間を迎えるにあたり、準備期間(61日~630)の取り組みとして、請負事業体に対する労働災害防止の呼び掛けを実施しました。

    大淀労働基準監督署との合同パトロール

      平成29627日(火曜日)、大淀労働基準監督署の協力の下、民有林直轄治山事業を実施している十津川地区の山崎谷(1号地)山腹工事及び山崎谷第3-1号谷止外工事について、合同でパトロールを行いました。
      最初に、奈良森林管理事務所長から平成28年度林野庁における請負事業等の重大災害の発生状況や夏場の災害防止対策(ハチ刺され災害防止、マダニ対策等)について説明を行うとともに、安全な職場環境を形成するため、皆さん全員で危険要因を発見・改善・見える化し、事故の発生を未然に防止してください。』と呼び掛けを行いました。

    (奈良森林管理事務所長挨拶)
    所長挨拶1  所長挨拶2
    山崎谷(1号地)山腹工事現場 山崎谷第3-1号谷止外工事現場

      続いて、大淀労働基準監督署長から平成19年度から平成28年度までの奈良県における熱中症統計データをもとに熱中症対策について説明がありました。
      具体的には、奈良県では、1年間の内で7月に熱中症なる方が最も多いこと。熱中症にかかる労働者の年齢層が高齢層(60歳以上)にシフトしていること。熱中症が発生する時の外気温としては、28度から急激に増加し、30度で最も多く発生していること。睡眠不足が熱中症につながること、十分な睡眠を取るためには就寝の34時間前にはアルコールやカフェインの入った飲み物は避けることなどについて説明がありました。また、今年度が「
    12次労働災害防止計画」の最終年度になることから目標達成に向けた協力依頼がありました。

    大淀労働基準監督署長挨拶
    労基署長挨拶1  労基署長挨拶2
    山崎谷(1号地)山腹工事現場 山崎谷第3-1号谷止外工事現場


    工事現場内のパトロール、講評

      次に、工事箇所の概要について現場責任者から説明を受けた後、工事現場内をパトロールして作業場所の安全対策、危険箇所の有無や建設機械の安全措置等を確認しました。
      

      
    合同パトロール後、講評をいただき両現場とも整理整頓、緊急連絡図の整備など全体的な評価は良好でした。改善点として、山崎谷(1号地)山腹工事現場では、(ア)発電機の感電防止対策、(イ)ベルトコンベアーの安全対策について改善提案がありました。山崎谷第3-1号谷止外工事現場では、(ア)発電機の感電防止対策、(イ)歩行用通路の安全確保対策、(ウ)使用済機材等の転落防止対策、(エ)作業用ロープの支柱について改善提案がありました。

    (地方産業安全専門官による点検の様子)
    1号地1   3-1号地1
    山崎谷(1号地)山腹工事現場   山崎谷第3-1号谷止外工事現場
    1号地2   3-1号地2
    山崎谷(1号地)山腹工事現場   山崎谷第3-1号谷止外工事現場
    1号地3   3-1号地3
    山崎谷(1号地)山腹工事現場   山崎谷第3-1号谷止外工事現場


      最後に、引き続き労働災害の未然防止にご協力いただくことをお願いして、現場を後にしました。

    伯母子国有林の林道改良工事現場

      平成29628日(水曜日)、伯母子国有林の林道改良工事現場を訪れ、奈良森林管理事務所長から、第90回全国安全週間の取組、平成28年度林野庁における請負事業等の重大災害の発生状況や夏場の災害防止対策(ハチ刺され災害防止、マダニ対策、熱中症対策)について説明を行うとともに、安全な職場環境を形成するため、皆さん全員で危険要因を発見・改善・見える化し、事故の発生を未然に防止してください。』と呼び掛けを行いました。また、伯母子国有林には、ツキノワグマが生息している可能性が高いことから、ゴミの処理や熊に出会った場合の対策や奈良森林管理事務所との情報共有について説明と協力依頼を行いました。

    伯母子点検

     

      その後、高取山国有林の林道改良工事箇所にも赴き安全確認等を行いました。

    お問合せ先

    奈良森林管理事務所

    〒630-8035
    奈良市赤膚町1143-20
    ダイヤルイン:050-3160-6150
    FAX番号:0742-53-1502