ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理局の概要 > 箕面森林ふれあい推進センター > 箕面森林ふれあい推進センターの仕事 > 箕面森林環境保全ふれあいセンター/森林環境教育セミナー


ここから本文です。

森林環境教育の取組

現代社会では、普段の生活の中で森林とかかわったり木材の利用などについて体験し、学んだりする機会が少なくなってきています。

このことから、森林の中での様々な体験活動などを通じて森林・林業等についての理解と関心を深める森林環境教育の機会を、こどもたちをはじめ国民に広く提供することが重要になっています。

このような中、森林管理局・署等の職員が直接学校等に赴き、森林環境教育の支援を行うだけでは限界があるため、自ら森林環境教育を実施できる者を増やしていくことが必要となっています。

このため、学校教育における森林環境教育の導入を促進することなどを目的として、当センターの働きかけにより箕面市教育委員会と連携し、教員の環境教育研修を活用した森林環境教育セミナーを実施しています。

平成28年度「森の探検隊」教育研修

平成28年度森林環境教育教員研修

箕面森林ふれあい推進センターでは、森林を活用した環境教育の理解を深め、学校等教育機関での実践・普及に取り組んでいます。7月28日(木曜日)、箕面国有林「勝尾寺園地」において、大阪府の箕面市教育委員会と共催による、平成28年度森林環境教育研修を開催しました。

 

教員全体写真

 参加者は、箕面市内の小中学校の経験2年目教員28名及び豊能町教員2名の計30名(小学校18、中学校12)と、スタッフとして講師2名、大阪森林インストラクター会6名、きんきちゅうごく森林づくりの会4名、箕面市教育委員会1名、森林管理局関係5名の計48名が参加しました。
開会にあたり、箕面森林ふれあい推進センターの才本所長より、「この研修をきっかけにして、学校教育の場で森林環境教育を実践してほしい」と挨拶。

 

≪講義≫

午前中の講義では、京都教育大学の山下宏文教授より「森林環境教育の重要性と進め方」と題して、小学校の各教科で、森林や里山がどう取り扱われているか。森林環境教育のポイント(体験する、知る、かかわる)。次期学習指導要領改訂の中で求められる「主体的・協働的な学び」として森林環境教育の有効性などについて講義があり、参加者からは、「箕面の身近な自然環境を活かした環境教育に取り組みたい」「自然の大切さを学ばせたい」「5年生の授業で、具体的な指導に役立つ」など、授業に活かしていきたいとの意見の外に、「今まで木を伐ってはいけないと思っていたが、そうではないことを理解した」との意見など、教員に理解してもらうことが必要であることを感じました。
  続いて、大阪府立箕面公園昆虫館の久留飛克明館長より「昆虫きらいにならないで」と題して、近畿農政局の資料(昆虫の不思議)などを参考に講義を行いました。胴体のこと、複眼のこと、羽のこと、飛び方のことなど昆虫の特徴や幼虫から成虫への変化のしかたの違いなど、子どもが「なぜ」と思う視点で参加者に問いかけ、昆虫のすばらしさと不思議さについて考えさせる内容でした。参加者からは、「子どもたちに話してみたい内容が多くあった」「虫についてまだまだ知らないと実感した」「なぜ?と疑問をもつことの大切さを学んだ」など、多くの感想が出されました。

 

H28教員セミナー2 H28教員セミナー3 H28教員セミナー4

講義風景

講義  山下教授

講義  久留飛館長

 


≪ネイチャーゲーム≫
  午後から、大阪森林インストラクター会の指導で、野外ゲームを行いました。自分の背中につけられた生き物の名前を相手に質問しながら当てる「動物交差点」、歩道を散策してビンゴカードに書かれた16項目を探す「フィールドビンゴ」、班毎に集めた葉っぱで「大きな葉っぱ」など指導者のお題に合わせて勝負する「葉っぱじゃんけん」を行いました。参加者からは、「大変楽しかった。子どもたちにもしてみたい」「ネイチャーゲームはとてもよい体験でした」「子どもたちが自然にどんどん親しんでいく様子が思い浮かんだ」など、学校の授業での活用が期待できる感想が出されました。 

 

H28教員セミナー5 H28教員セミナー6

 

 ≪水源の森ジオラマ作成≫
  最後に、箕面森林ふれあい推進センター考案のジオラマ作りを体験してもらいました。初めに、森林と水との関係についての話をして、きんきちゅうごく森林づくりの会メンバーが指導しながら、作成しました。感想では「自然について勉強した後に作るので、より大切にしたい気持ちが強くなった」「子どもたちとやってみたい」「作品作りは楽しかった」などの感想が出され、すてきな作品ができあがりました。

 

H28教員セミナー7 H28教員セミナー8

 

  終わりに、箕面市教育センターの松田課長補佐から「身近なところに大変すばらしい箕面の森があることを知ってもらいたい。そして、教員研修が共催で長く続いているのは箕面森林ふれあい推進センターなど、協力体制があることも知ってもらい、子どもたちの環境教育に取り組んでもらいたい」と実践への期待を込めた挨拶で、研修を終了しました。
  受講した教職員へのアンケート結果では、「研修を受講して、森林環境教育は必要だと思いますか」との質問に対して、小学校教員で回答者18名中17名が必要と回答し、中学校教員でも回答者9名中8名が必要との回答がありました。しかし、実際に授業が行われているかを聞いたところ、行われているとの回答は小学校教員7名、中学教員4名との回答となっており、「授業時間の問題」「準備での負担が大きい」などの意見が出されました。今回の研修受講が実践的な森林環境教育に繋がることに期待し、箕面森林ふれあい推進センターでは、引き続き実践での支援や体験学習の場の提供などに取り組んでいきたいと考えています。

 

平成28年度「森林の探検隊」教員研修

箕面森林ふれあい推進センターでは、箕面国有林「エキスポの森」内で取り組んでいる「オオクワガタの棲める森づくり」等のフィールドを活用して、ポイントを回りながら自然に関する設問を解いていく学習プログラム『森の探検隊』を開発し、箕面市内の小学生が体験しています。この『森の探検隊』プログラムを多くの教員にも知ってもらい、その活用と充実を図るため、昨年に引き続き教員研修として実施しました。

7月25日(月曜日)、箕面国有林「エキスポの森」において、箕面市教育研究会理科部会と共催で平成28年度『森の探検隊』研修を実施しました。
参加者は、箕面市内の小学校教員7名が参加。スタッフとして、大阪森林インストラクター会3名、箕面森林ふれあい推進センター4名と午後からの箕面ビジターセンターでの施設見学と水生昆虫観察でNPO法人みのお山麓保全委員会の3名のスタッフにお世話になりました。
開会にあたり、箕面森林ふれあい推進センターの才本所長より、「昨年に引き続き理科部会の協力の下で実施することとなった。子どもたちが自然を体験しながら実践できる『森の探検隊』プログラムや水生昆虫観察を体験してもらい、探検隊ポイントの設問を新たに考えてもらうなど、この研修の中で、箕面の森での環境教育について一緒に考えてほしいと思います」と挨拶。

  

H28教員セミナー探検隊1

 

≪森の探検隊≫
3班に分かれて、各班毎に決められた探検隊ポイントを回り、設問・ヒントから、虫が集まる木の樹液の匂いを嗅いだり、鳥の鳴き声を聞き分けたり、シカ柵や食害にあった木などからシカ被害を実感するなどして、回答を導き出し、森林インストラクターからの助言を受けて、新たな発見や見方を学びました。
また、各ポイントでは、教員の立場から新しい設問を考えてもらうという課題も設定し、新しい問題を考えてもらいました。
 体験した後の感想では、「子どもにとっては楽しいだけの体験活動で終わらないように自主性を活かした取組が必要」「学ばせたいことを明確にして、学習させるようにしたらよい」「シカ害について子どもたちにとっては衝撃だと思うので、考えさせられるテーマである」「ポイントの解説として視覚的なものを取り入れるとより理解も深まると思う」など、新たな設問を課題としたことで、問題意識を持った多くの意見が出されました。

 

H28教員セミナー探検隊2 H28教員セミナー探検隊3 H28教員セミナー探検隊4.

 

≪ビジターセンター見学・水生昆虫観察≫
午後からは大阪府の施設で箕面の自然に関する情報基地である箕面ビジターセンターに移動して、施設内の動植物などの展示を見学し、その後、水生昆虫観察のために、ビジターセンターの横を流れる川に移動。NPO法人みのお山麓保全委員会の高島事務局長を講師に、水生昆虫観察において、指導するときの注意事項、水生昆虫の生態、きれいな川と汚れた川での昆虫の違いなどを学習しました。
参加者が実際に川に入って、四角の金ザルで川底をすくいながら、カゲロウやトビケラの幼虫、サワガニなどを30分ほどの時間で採集しました。捕ってきた生き物を分類しながら、多くの種類がいることや市内の川では見ない水生昆虫がいるなど、箕面の山に豊かな自然環境があることに驚きを感じたり、子どもたちに体験させたいとの意見が出されました。

 

H28教員セミナー探検隊5 H28教員セミナー探検隊6 H28教員セミナー探検隊7

 

箕面森林ふれあい推進センターでは、森林を活用した環境教育が定着できるように、教員への働きかけやいろいろなプログラムの体験を通しての紹介、『森の探検隊』プログラムの内容充実に向けて、引き続き取り組んでいきたいと考えています。

   

平成27年度「森の探検隊」教員研修

平成27年度森林環境教育セミナー

箕面森林ふれあい推進センターでは、「森林環境教育の推進」を図るため、教職員への普及啓発や森林技術指導、森林環境教育のプログラムや教材の提供などに積極的に取り組んでおり、7月27日(月曜日)、箕面国有林「勝尾寺園地」において、大阪府の箕面市教育委員会と共催による、平成27年度環境教育研修(森林環境教育セミナー)を開催しました。

 

h27-kankyou-seminar01


セミナーは、箕面市内の小中学校の経験2年目教員、27名(小学校17、中学校10)が参加し、スタッフとして講師2名、きんきちゅうごく森林づくりの会3名、箕面市教育委員会1名、森林管理局関係7名の計40名が参加をして行われました。
開会にあたり、箕面森林ふれあい推進センターの才本所長より、「持続可能な社会を形成していく上で、生態系保全や再生可能な資源生産面等で森林が果たす重要な役割を体感し、身につけることができる森林環境教育の充実が大切である。このセミナーをきっかけにして、学校教育の場で森林環境教育を実践してほしい」と挨拶。

 

h27-kankyou-seminar02 h27-kankyou-seminar03 h27-kankyou-seminar04

挨拶 才本ふれセン所長

講義 山下教授

講義 久留飛館長

≪講義≫
午前中の講義では、京都教育大学の山下宏文教授より「森林環境教育の重要性と進め方」と題して、小学校での各教科で、森林や里山がどう取り扱われているか。森林環境教育のポイント(体験する、知る、かかわる)、今後の森林環境教育の進め方について講義があり、参加者からは、「童謡や身近なところに森林環境という観点があることを知った」「知識のみだったのが考え方が広がった」など今後に繋がる意見の外に、「『美しい森林とは』と言われても創造できないくらい自分たちは森林を知らない」との意見など、森林への理解・学習の難しさも感じました。
続いて、大阪府立箕面公園昆虫館の久留飛克明館長より「昆虫きらいにならないで」と題して、講義が行われ、「昆虫になぜ羽があるのか」「幼虫から成虫への変化のしかたの違い」など、自説も交えて昆虫はすばらしいとの想いが詰まった講義があり、参加者からは、「こどもたちに聞かせてあげたい話だった」「昆虫のすごさを知ることができた」など、館長の昆虫へ想いが伝わった意見が多く出されました。また、「教科書だけではわからないことをどう伝えていくか」など、悩みの意見も出されていました。

h27-kankyou-seminar05 h27-kankyou-seminar06

≪間伐体験≫
午後からの間伐体験では、森林づくりの会やふれセン職員の指導を受け、4班に分かれて実施しました。参加者の中には、ノコギリ初体験で木を伐ったり、隣の木に引っかかってなかなか倒れない木に悪戦苦闘するなど、1時間半ほどの時間で各班数本づつの木を間伐しました。また倒した木を持ち上げて、細い木でも重いことを実感し、危険と隣り合わせの作業であることも理解するなど、「身をもって体験してわかったことが多かった」「こどもたちにこの間伐の体験を伝えたい」などの感想が出されました。

受講した教職員へのアンケート結果では、「セミナーを受講して、森林環境教育は必要だと思いますか?」との質問に対して、小学校教員で回答者17名中12名が必要と回答し、中学校教員でも回答者10名中9名が必要との回答がありました。しかし、実際に授業が行われているかを聞いたところ、行われているとの回答は小学校教員6名、中学教員3名との回答となっており、授業時間の問題や教員に認識がない、などの意見が出されました。
意見の中には「自然環境の中で体験を通じて学ぶ授業はとても楽しく有意義なものと感じた」「環境の授業の中で今回の内容を生かしたい」「国語・音楽などの教科でも森林について考えたい」「こどもたちに自然とどうかかわっていくか考えさせたい」等の意見もあり、今回の体験が実践的な森林環境教育に繋がることに期待し、箕面森林ふれあい推進センターでは、引き続き実践での支援や体験学習の場の提供などに取り組んでいきたいと考えています。

 

平成27年度「森林の探検隊」教員研修 

h27-moritanken-sensei1箕面森林ふれあい推進センターでは、「森林環境教育の推進」を図るため、森林環境教育のプログラムや教材の提供などに積極的に取り組んでいます。
平成25年度より箕面国有林「エキスポの森」内で取り組んでいる「オオクワガタの棲める森づくり」のフィールドを活用して、ポイントを回りながら自然に関する設問を解いていく学習プログラム『森の探検隊』を企画し、箕面市内のふたつの小学校の4年生・5年生が体験しています。今回、『森の探検隊』プログラムを多くの教員にも知ってもらい、その活用と充実を図るため、箕面市教育センターと共催の教員研修として、初めて実施しました。
7月24日(金曜日)に実施した「平成27年度『森の探検隊』研修」には、箕面市内の小学校教員9名が参加。京都教育大学の山下宏文教授、大阪森林インストラクター会3名、箕面市教育委員会1名、森林管理局関係7名のスタッフなどを合わせ、21名で実施しました。
開会にあたり、箕面森林ふれあい推進センターの才本所長より、「森林が果たす重要な役割を体感し、身につけることができる森林環境教育の充実が大切である。ふれセンでは、これまでこどもたちが自然を体験しながら実践できる『森の探検隊』プログラムを実践してきた。さらに発展させていきたいと考えており、先生自身に体験していただきたいことと併せて、よりよいプログラムになるようにアドバイスをお願いしたい。」と挨拶。

 

h27-moritanken-sensei2

挨拶する才本ふれセン所長

≪森の探検隊≫
前日まで心配していた台風の影響もなく、夏空のもとで、教員9名と局職員3名が、4班に分かれて、「森の探検隊」プログラムを体験しました。
各班が5~6ポイントを回りながら、クワガタの集まる木の樹液の匂いを嗅いだり触ったり、鳥の鳴き声から鳥名を探したり、野イチゴを食べる体験など五感で感じるポイントや、鹿による森林被害、森林内と森林外での気温差、森の中の小さな池の不思議など、森林インストラクターの助言も聞きながら、班のみんなで学習ポイントの設問に取り組んでいました。
体験した後の感想では、「森を楽しめた」「こどもたちは山に入ったことがないと思うので体験をさせたい」「小学校6年間をとおしての環境学習を考えるきっかけとなった」などの意見をいただき、アンケートでは全員が「自身が体験してよかった」と回答、また「諸条件を考えなければ、こどもたちにも体験させたい」と全員が回答し、プログラムへの評価は非常に高いことがわかりました。

 

h27-moritanken-sensei5 h27-moritanken-sensei6
h27-moritanken-sensei3 h27-moritanken-sensei4

≪ビジターセンター見学≫
午前中に『森の探検隊』を実践し、午後からは大阪府の施設で箕面の自然に関する情報基地である箕面ビジターセンターに移動して、施設内の動植物などの展示を見学。ビジターセンター内の説明員としてボランティアで来られている2名のスタッフから、はく製やパネル写真、ジオラマを見ながら箕面の山の貴重な自然に関する解説を聞き、午前中に実践した『森の探検隊』で考えたことが、「さらに理解を深めることができた」「発見があった」など学習を深めるものとなりました。

 

h27-moritanken-sensei7 h27-moritanken-sensei8

≪発表会≫
見学後、ビジターセンターの講義室で『森の探検隊』で実践したことの発表会・ふりかえりをを行いました。
短い時間でのとりまとめ・発表となった中でも、デジカメで撮った画像を見せながら各班が体験したことを発表しました。体験した感想では、樹液はすっぱいにおいがした。シカの糞を初めて見た。野イチゴはすっぱくて甘みもあった。鹿に食べられてできたディアラインを知った。植物のにおいを嗅ぐ体験をしたことなかった。池にいたオタマジャクシは見たことない大きさだった。林内の苔は緑色がきれいで感激した。本物の鳥の巣を初めて見た。ヤゴの脱皮を見つけた。など多くの体験が語られ、発表者から「山登りは好きではないが、解説を聞きながら回って、おどろきと発見があって楽しかった」「五感で感じる体験はよかった」「自分たちと違うポイントでの体験の話を聞けてよかった」など、体験をふりかえり、各班の発表によってあらためて『森の探検隊』プログラムを全体で確認しました。

 

≪ふりかえり≫h27-moritanken-sensei9
最後のふりかえりでは、山下教授からこの学習プログラムで、学んでもらいたい視点が6つあるとして、(ア)感性に関すること、(イ)森林・樹木の特性に関すること、(ウ)森林の働き、機能に関すること、(エ)森林の管理について、(オ)森林の現状・問題点について、(カ)森林との歴史的な関わりについて、こういう視点で見たときにこのプログラムは有効であるかの意見を出してほしいと提起。
参加者からは、1回のプログラムで6つの視点に対応することは無理なので、学年によってテーマを絞ったポイントを回るようにする。毎年来ることで違いを発見し、感性も養われる。学校ではダブレットPCの導入も進んでおり、こどもたちが画像を撮って調べるなどもできる。指令書の内容はシンプルにして、多くを回るほうがよい。学年の人数が多い場合でも対応できるように工夫を考えてほしい。など多くの意見が出されました。

箕面森林ふれあい推進センターでは、今回、初めて教員研修として実施しましたが、実践的な森林環境教育プログラムとして『森の探検隊』が定着するように、多くの小学校での実践とプログラム内容の充実に向けて、引き続き取り組んでいきたいと考えています。

 

平成26年度 森林環境教育セミナー

国有林野の管理経営にあたって、「森林環境教育の推進」を図るため、教職員への普及啓発や技術指導、森林環境教育のプログラムや教材の提供などを積極的に取り組むこととしており、箕面森林ふれあい推進センターでは、8月4日(月曜日)、箕面国有林「勝尾寺園地」において、箕面市教育委員会との共催による、平成26年度環境教育研修(森林環境教育セミナー)を開催しました。
箕面市の経験2年目教員と希望者、近隣の豊中市(2名)から、29名の教職員(小学校17、中学校9)が参加。講師2名、指導者(きんきちゅうごく森林づくりの会)4名、森林管理局関係7名、箕面市教育委員会1名の計43名で行われました。

h26-kankyou-seminar02

セミナー参加者集合写真(箕面国有林 勝尾寺園地芝生広場)

 

h26-kankyou-seminar04

挨拶する才本ふれセン所長

開会にあたり、箕面森林ふれあい推進センターの才本所長より、「持続可能な社会を形成していく上で、生態系保全や再生可能な資源生産面等で森林が果たす重要な役割を体感し、身につけることができる森林環境教育の充実を図る必要がある。このセミナーをきっかけにして、学校教育の場で森林環境教育を実践してほしい」と挨拶を受け、セミナーが始まりました。


初めの講義は、京都教育大学の山下宏文教授より「森林環境教育の重要性と進め方」と題して、小学校での各教科で、森林や里山がどう取り扱われているか。絵本の「ごんぎつね」を題材として里山の扱われ方や森林環境教育のポイント(体験する、知る、かかわる)、今後の森林環境教育の進め方について講義があり、参加者からは、「『美しい森林とは』など考えさせられた」「いろいろな視点で捉え、考える必要性を感じた」「教科書と森林環境教育を結びつけて考えることが勉強になった」などの感想がありました。
次に、箕面公園昆虫館の久留飛克明館長より「昆虫きらいにならないで」と題して、まずは先生が昆虫を好きになってもらわないとこどもに伝わらないとして、昆虫の進化について「なぜ羽があるのか」「幼虫から成虫への変化のしかたの違い」など、自説も含め昆虫はすばらしいとの想いが詰まった講義があり、参加者からは、「昆虫に興味がわいた」「昆虫が少し好きになった」「不思議だと思う気持ちを大事にしたい」など、館長の意図が伝わった感想が出されました。

h26-kankyou-seminar06

h26-kankyou-seminar07

 

 

 

 

h26-kankyou-seminar08

ごんぎつねの絵本の表紙から里山語る

京都教育大学山下教授

昆虫の成長過程の不思議を語る

箕面公園昆虫館久留飛館長

 

午後からは、初めに箕面国有林を日常的に管理している京都大阪森林管理事務所の久米村箕面森林官より、国有林の業務や森林の取扱について説明を行い、続いて、間伐についての話と安全に間伐作業を行うための注意点を箕面森林ふれあい推進センターの池田自然再生指導官が説明して、前日までの台風の影響は大丈夫と判断し、間伐体験を行いました

h26-kankyou-seminar15

h26-kankyou-seminar12

h26-kankyou-seminar14

倒れない木をみんなで引っ張る

森林づくりの会による説明

 受け口を作ってます

間伐体験では、ボランティアグループの「きんきちゅうごく森林づくりの会」の佐倉さんから、現地で間伐する木の前で、注意点を再度説明し、4班に分かれて実際に木を伐って間伐する体験をしました。

参加者は、傾斜のきつい場所で水平にノコギリで木を伐ることや隣の木に引っかかってなかなか倒れない木に悪戦苦闘して、木を伐るだけと単純に思っていた作業が大変な作業だったんだと実感していました。また倒した木を持ち上げて、細い木でも重いことを実感し、危険と隣り合わせの作業であることも理解するなど、「身をもって体験してわかったことが多かった」「間伐の意義を学んだ」などの感想が聞かれました。

 h26-kankyou-seminar13 h26-kankyou-seminar16 

h26-kankyou-seminar17

 ノコギリで水平に伐るのって難しい

 間伐した木が倒れるぞぉ

挨拶する今井技術普及課補佐

最後に、参加者一同による記念撮影を行った後に、森林管理局技術普及課の今井課長補佐より、「今回のセミナーの経験をぜひ小中学生の生徒に伝えていただきたい。また、森林管理局もお手伝いができることはしたいので声をかけてください」と要請し、本セミナーを終了しました。

受講した教職員へのアンケート結果では、「今回セミナーを受講して、森林環境教育は必要だと思いますか?」との質問に対して、小学校教員で回答17名中12名が必要と回答し、中学校教員でも回答9名中7名が必要との回答がありました。しかし、実際に授業が行われているかを聞いたところ、行われている小学校は2校、中学校は3校との回答となっていました。
意見の中では「実際に山にきて自然にふれて学ばせたい」「環境の授業の中で今回の内容を生かしたい」「学校周辺の森林に入ってみる」「国語・音楽などの教科でも森林について考えたい」「こどもたちに自然とどうかかわっていくか考えさせたい」等の意見が出されました。
  「森林環境教育セミナー」が実践的な森林環境教育に繋がることに期待し、箕面森林ふれあい推進センターでは、引き続き実践での支援や体験学習の場の提供などに取り組んでいきます。

平成25年度森林環境教育の取組(PDF:902KB)

平成24年度森林環境教育の取組(PDF:508KB)

平成23年度森林環境教育の取組

 

お問い合わせ先

箕面森林ふれあい推進センター 
ダイヤルイン:06-6881-2013
FAX:06-6881-2055

郵便番号530-0042
大阪市北区天満橋1丁目8-75
近畿中国森林管理局庁舎3階
TEL 06-6881-2013(直通)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

森林管理局の案内

リンク集