このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    企業の森林で「ドコモ桜番所の森」イベント

      5月19日(土曜日)、三重県いなべ市に所在する悟入谷国有林で「ドコモ桜番所の森」整備活動が開催されました。

      当該イベントは、NTTドコモ東海支社が社員とその家族を中心とする参加者を募集し行う森林整備を目的とした体験型のイベントです。

      今年は、春の開催となり、風の香りもかぐわしい新緑の中、天候にも恵まれ、予定していた間伐体験、間伐材を使用したベンチ作成や
    林内歩道の新設、記念植樹を総勢50名で実施しました。

      「ドコモ桜番所の森」は企業の森林として契約を結んだ箇所で、イベントは、平成14年から森林整備活動を目的に継続して開催され、今年で16回目となります。

      参加者の方々への技術指導は、グリーンボランティア「森林づくり三重」の皆さんが担当し、手本を示しながら熱のこもった指導が行われ、参加者の方々は、チェンソーを使用した間伐、鍬や掛合を使用して林内の歩道作りなど、体を動かし汗をかきながら作業に取り組んでいました。


      また、参加した子どもたちは、慣れない手つきながら、記念植樹のための穴掘りやシカ被害防止のネット設置に取り組んでいました。


      三重森林管理署からも悟入谷国有林を管轄する首席森林官と総括森林整備官の2名がイベントに参加しました。

    参加者の集合写真                                  参加者が鍬を使って歩道作りをしている 
                        参加者の集合写真                                                                                       歩道作り



    子どもたちが記念の樹を植えている                                   子どもたちがシカ被害防止ネット設置している様子
                              記念植樹                                                                       シカ被害防止ネット設置



    お問合せ先

    三重森林管理署

    担当者:業務グループ
    代表:050-3160-6110
    ダイヤルイン:0595-82-0069
    FAX番号:0595-82-8792