このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    水都おおさか森林(もり)の市

     大阪市は、江戸時代以降「水の都」と呼ばれ、琵琶湖の水の恩恵を受けて発達した水路を利用した交易により、発展してきました。
     琵琶湖の豊かな水を支えてきたのは森林であり、森林は農山村地域に住む人々の手で守られてきました。
     「森林の市」では、森林の恵みや木に触れることで、森林と人とのつながりを実感し、森林・林業・木材産業の果たす役割や木材利用の意義、農山村の現状について理解を深め、豊かな森林資源を次世代に引き継いでいくことを目指しています。
     そして、来場者をはじめ出展者の皆様の交流の場となり、相互に理解と連携を深めていただくことによって、森林・林業・木材産業における活力醸成の場をつくります。

    「水都おおさか森林の市2018」を開催します(平成30年10月28日(日曜日)開催)

    今年で32回目となります「水都おおさか森林の市2018」の開催が、以下のとおり決定いたしました。
    詳しい内容については、今後イベント情報等で随時発信していきます。
    ※昨年度の水都おおさか森林の市2017(31回目)は、台風の接近により中止となりました。

    開催概要

    【日 時】 平成30年10月28日(日曜日)10時から16時まで
                  ※雨天決行(荒天中止)
    【場 所】 近畿中国森林管理局、毛馬桜之宮公園
                (JR大阪環状線「桜ノ宮」駅西出口から徒歩5分)
    【入場料】 無料
    【テーマ】 「木の魅力 触れて 学ぼう 森林(もり)のこと」
    【主 催】 水都おおさか森林づくり・木づかい実行委員会

    出展申込みについては終了しました。

    主催者について

    平成19年以降「水都おおさか森林の市実行委員会」が主催者となり、「森林の市」を開催してきました。
    平成25年度からは「水都おおさか森林づくり・木づかい実行委員会」に名称を変更し、近畿中国森林管理局が事務局を務めています。

    平成30年度「水都おおさか森林づくり・木づかい実行委員会」メンバー
    NPO法人大阪の子どもたちを水辺に誘う会、大阪府環境農林水産部みどり推進室森づくり課、大阪府森林組合、(一社)大阪府木材連合会、(公財)大阪みどりのトラスト協会、NPO法人国産材住宅推進協会、NPO法人自然と緑、天満音楽祭実行委員会、天満橋筋四丁目振興町会、(一財)日本森林林業振興会大阪支部、日本日曜大工クラブ大阪支部、堀川地域社会福祉協議会、堀川連合振興町会、三菱地所プロパティマネジメント(株)大阪支店、林野庁近畿中国森林管理局(50音順)  

     これまでの「水都おおさか森林の市」

    お問合せ先

    森林整備部 技術普及課

    担当者:緑の普及係
    代表:050-3160-6700(内線3484)
    ダイヤルイン:050-3160-6753
    FAX番号:06-6881-2055

    水都おおさか森林づくり・木づかい実行委員会事務局

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader