このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    近畿中国森林管理局では、国有林を開かれた「国民の森林」とするよう取り組んでおり、国民の皆さまの御意見やご要望を国有林行政に反映させるため、管内70名の方に「国有林モニター」として、近畿中国森林管理局の取組みに関する情報提供やモニター会議、アンケートなどを通じ、御意見をお伺いしています。

    今回、6月22日に国有林モニター会議(第1回)を開催し、滋賀県内の国有林で現地見学及び意見交換会を実施しました。

    はじめに、甲賀市の黒滝国有林・大河原国有林において、治山事業施行箇所を見学しました。モニターの方々からは、崩壊地の現状を目の当たりにして「崩壊を食い止め、植樹等により緑化を図ってほしい」や「人工物は自然の生態系を壊す意識が強かったが、防災のため治山事業の必要性を再認識した」等の御意見をいただきました。

    続いて、大津市の別所国有林において、森林整備事業地と木造文化財等の修復に必要な檜皮(ひわだ)の採取対象林を見学し、その後、意見交換会を実施しました。

    意見交換会では、当局の取組みや森林・林業行政への要望など、次のような意見が寄せられました。

     

    • 森林環境教育の場として国有林のフィールドを活用したい。
    • 治山事業は今後も最新技術を導入し、災害防止に努めて欲しい。
    • 民有林には手入れの行き届かない森林も多くあり、国によるサポートにより森林を守って欲しい。
    • 林業における雇用の創出をお願いしたい。
    • モニター会議で間伐や枝打ち等の体験を行ってみたい。

    今回の会議で得られた貴重な御意見・ご要望を今後の国有林野の管理経営に反映させるよう努めていきたいと考えています。 

     

    大河原国有林 治山事業による崩壊地の復旧工事箇所 【モニター会議第1回・滋賀県】
    大河原国有林

    治山事業による崩壊地の復旧工事箇所

    別所国有林 檜皮採取林地 【モニター会議第1回・滋賀県】
    別所国有林

    檜皮(ひわだ)採取林地

    お問合せ先

    総務企画部 企画調整課 林政推進係
    ダイヤルイン:050-3160-5685
    FAX:06-6881-3415