このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    緑の回廊

     林野庁では、国有林野内の森林生態系や希少な野生生物等を将来にわたって保護・管理していくために保護林を設定し、生物多様性等の保全に努めています。
     さらに、森林生態系や生物群集などの構成者である野生生物の多様性の保全には、その移動経路を確保し、生育・生息地の拡大と相互交流を促すことが必要とされています。

     このため、希少な野生生物の生育・生息地等を保護・管理する保護林を中心にネットワークを形成する「緑の回廊」を設定し、野生生物の移動経路を確保することで、より広範かつ効果的な森林生態系の保全を図ることとしています。

     緑の回廊では、分断された個体群の保全、個体群の遺伝的多様性の確保及び生物多様性を保全するはたらきを発揮させるため、以下のとおり森林を取り扱うこととしています。

    (1)現況が緑の回廊としてのはたらきを発揮するのにふさわしい森林については、適切にその維持を図る。

    (2)森林整備の必要がある場合には、植生の状態に応じて、下層植生の発達や裸地化の抑制を図り、緑の回廊全体として、針葉樹や広葉樹に極端に偏らない樹種構成、林齢、樹冠層等の多様化を図るための森林施業を実施する。

    【緑の回廊のイメージ図】

     緑の回廊のイメージ図

     

    緑の回廊の設定状況

    近畿中国森林管理局管内では、白山山系緑の回廊、越美山地緑の回廊、東中国山地緑の回廊の3箇所を設定しています。

    近中局の緑の回廊設定状況

    各緑の回廊の概要


    1 白山山系緑の回廊
     白山山系緑の回廊は、白山森林生態系保護地域を中心に、北は石川県金沢市(犀川(さいかわ)国有林)と富山県南砺市から、南は福井県大野市(経ヶ岳(きょうがたけ)国有林)と岐阜県高山市(旧荘川村)に至り、富山県、石川県、福井県、岐阜県の4県にわたり延長約70kmが設定されています。
     白山山系緑の回廊の総面積は約42,900haであり、そのうち近畿中国森林管理局管内の面積は約19,400haで、その他は中部森林管理局が管轄しています。また連結する保護林の面積は約17,600haとなっています。



    白山山系緑の回廊(詳細図)


    ○白山山系緑の回廊の特徴

    ・ブナの原生林が多く残っており、ツキノワ
    グマやニホンカモシカの日本有数の生息地である。

    ・同地域を分布の西限あるいは南限とする
    動植物が生息・生育している。

    ・火山地形がよく残っている。

    ・日本有数の豪雪地帯で、高標高地では残
    雪が夏季に雪渓として残る。

     

     

     


















    2 越美山地緑の回廊
     越美山地緑の回廊は、福井県と岐阜県、滋賀県の県境部に位置し延長約66kmが設定されています。
      越美山地緑の回廊の総面積は約24,500haであり、そのうち近畿中国森林管理局管内の面積は約17,200haで、その他は中部森林管理局が管轄しています。また、連結する保護林の面積は約2,700haです。

      越美山地緑の回廊(詳細図)  
          
    ○越美山地緑の回廊の特徴

     ・日本海側特有のブナ林(日本海側の雪の多い気候化に広がるブナ林で、林床にチシマザサが優占するほか、林床にヒメア
    オキ、ハイイヌツゲなどの多雪に適応した植物が多くみられる)等、希少な動植物が生息・分布している。

    ・連結する保護林の一つとして、国内希少野生動植物種のヤシャゲンゴロウが生息している夜叉ヶ池ヤシャゲンゴロウ希少
    個体群保護林がある。
       


    3 東中国山地緑の回廊

     中国山地の東縁部に当たり、兵庫県、鳥取県、岡山県の県境稜線部に位置する三室山から北には氷ノ山、扇ノ山へ、西には沖ノ山へ連なる延長約42kmの山岳地帯で、都市部から離れており、急峻な地形や多雪地帯という独特の地形的気候的条件により、所々にブナを主体とした天然林が残存しています。
     また、より広範で効果的な森林生態系の保護・保全を図るため、民有林も緑の回廊の一部として構成することにより連続性を確保しています。総面積は約7,700haであり、内訳は国有林約6,800ha(連結する保護林約600haを含む)、民有林約900haとなっています。

    東中国山地緑の回廊(詳細図)


    ○東中国山地緑の回廊の特徴

    ・細長い回廊であり、半分程度が主にスギ人
    工林となっており、その中に天然林が点在
    している。

    ・ブナやスギの天然林等貴重な植生がみられ
    る地域である。

    ・希少な動物種(ツキノワグマなど)の生息地として
    重要である。



























    緑の回廊モニタリング調査

     緑の回廊においては、野生生物の移動実態や森林施業との因果関係等を把握するため、モニタリングに努め、その結果を緑の回廊の設定及び取扱いに適切に反映させることとしています。

    緑の回廊モニタリング調査(概要版)

    平成24年度白山山系緑の回廊モニタリング調査【概要版】(PDF : 291KB)
    平成24年度越美山地緑の回廊モニタリング調査【概要版】(PDF : 291KB)
     
    平成25年度白山山系緑の回廊モニタリング調査【概要版】(PDF : 1,399KB)
    平成25年度越美山地緑の回廊モニタリング調査【概要版】(PDF : 1,972KB)
    平成25年度東中国山地緑の回廊モニタリング調査【概要版】(PDF : 854KB)
    平成19-25年度_東中国山地緑の回廊モニタリング調査とりまとめ【概要版】(PDF : 2,466KB)

    平成26年度白山山系緑の回廊モニタリング調査【概要版】(PDF : 2,554KB)
    平成26年度東中国山地緑の回廊モニタリング調査【概要版】(PDF : 2,650KB)

    お問合せ先

    計画保全部計画課

    担当者:生態系保全係
    代表:050-3160-6700(内線3523)
    ダイヤルイン:050-3160-6785
    FAX番号:06-6881-3476

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader