このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    黒崎小学校で森林教室を開催しました(平成28年6月23日)

       平成28年6月23日(木曜日)、加賀市立黒崎小学校にて、森林教室を開催しました。黒崎小学校では隔年で森林教室を開催しています。
       今回の森林教室では、黒崎小学校の5・6年生の児童6人を対象に、「海岸林のおはなし」と題した海岸林の説明や、マツノザイセンチュウの観察実験、丸太切り体験を実施しました。
       「海岸林のおなはし」では、松の木の特徴や海岸林の役割、松枯れの被害とその対策について説明しました。海岸林は児童らにとって身近な存在ですが、その役割については知らないことも多かったようで、児童らは説明を熱心に聞いていました。
       マツノザイセンチュウの観察実験では、顕微鏡を使用して、実際に生きて動いているセンチュウを観察しました。センチュウが動いている様子を見ると、児童らは驚きの声を上げていました。
       最後に、松の丸太で丸太切り体験を行い、森林教室を終了しました。森林教室の後、児童から、「今まで海岸林には興味がなかったが、お話を聞いて、海岸林が大切な存在であることが分かった」等の感想が寄せられました。石川森林管理署では引き続き、児童らに海岸林の大切さを伝えていきたいと考えています。 

    「海岸林のおはなし」の説明 マツノザイセンチュウの観察実験
    「海岸林のおはなし」の説明 マツノザイセンチュウの観察実験

    お問合せ先

    石川森林管理署
     ダイヤルイン:050-3160-6100
     FAX:076-222-6215