このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    安宅林国有林で松葉掻きを行いました

      平成28年10月24日(月曜日)、安宅林国有林において、安宅小学校5年生児童49名により、松葉掻きが行われました。
      これは、同国有林において、安宅小学校と石川森林管理署が締結している、「遊々の森」の活動の一環として行われたものです。
     安宅小学校では、この「遊々の森」を「安宅勧進帳の森」と名付け、総合学習や林内マラソンを行うなど、積極的に利用しています。これまで、クロマツの植樹も行ってきましたが、同国有林における植樹がほぼ完了したことから、今年度は松葉掻きを実施することとしました。
      児童らは、石川署の職員から「マツと助け合っているショウロなどを元気にするために松葉掻きが必要」との説明を受けた後、それぞれ熊手を持って作業に取りかかりました。
      1時間で約6m3の松葉掻きが終了し、児童らからは「マツ林がきれいになって良かった」「菌根菌とマツが助け合うように人も助け合わなければならないと思った」などの感想が寄せられました。
      今回の体験を通じて、児童らに海岸林を守っていく大切さを実感してもらえたものと考えています。

    H28署長の挨拶 職員による説明
    署長の挨拶 職員による説明
    松葉掻きの実施1 松葉掻きの実施2
    松葉掻きの実施1 松葉掻きの実施2

    お問合せ先

    石川森林管理署
    ダイヤルイン:050-3160-6100
    FAX:076-222-6215