このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    白山国立公園での外来植物除去活動に参加しました(平成29年7月27日)


       当署管内においては例年、外来植物除去活動を実施していますが、7月27日、環境省の生態系維持回復事業を実施している環白山保護利用管理協会の協力依頼により、白山国立公園内(蛇谷国有林含む)での外来植物除去活動に参加しました。
       今回、対象とした外来植物は白山白川郷ホワイトロードの石川県側で生育・繁殖が確認されているオオハンゴンソウ、また岐阜県側で生育・繁殖が確認されているフランスギクとヒメジョオンです。当署からは3名の職員が参加し、オオハンゴンソウ5.0kg、フランスギク0.14kg、ヒメジョオン4.25kgを除去しました。
       生態系維持回復事業は平成23年から実施されており、毎年継続して活動している効果もあり、近年では除去する外来植物の量も少なくなってきています。白山国立公園の自然環境及び景観保全のため、当署はこうした活動を継続して、白山生態系の維持回復に努めていきたいと考えています。

    作業前の説明 作業の様子
    作業前の説明 作業の様子


    お問合せ先

    石川森林管理署

    〒920-1158  石川県金沢市朝霧台2丁目21番地
    担当者:森林技術指導官

    TEL:050-3160-6100
    FAX:076-222-6215