このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    「日本触媒・水源の森」づくり新緑の森整備活動

     株式会社日本触媒は、社会貢献活動として赤西国有林(宍粟市)をフィールドとして森林整備等の取組みをしています。

     平成29527日(土)に、有ヶ原国有林と赤西国有林にて、「日本触媒・水源の森」づくり新緑の森整備活動が、大阪や姫路方面から社員と家族76名が参加して実施されました。この活動は、日本触媒の社会貢献活動をNPO法人ひょうご森の倶楽部、兵庫森林管理署が支援しているもので、春、夏、秋と季節を変えて年3回実施されており、今回は今年最初の活動です。

     最初に、有ヶ原国有林で10グループに分かれて、各グループごとにひょうご森の倶楽部会員からの指導により、間伐作業の体験を行いました。参加者のほとんどが間伐作業は初めてでしたが、グループ全体で協力し合って伐倒をしていきました。実際に間伐を行うことによって、薄暗かった林内に光が差し込むようになり、水源かん養や国土保全機能が向上することを実感していただきました。

     午後は、樹齢160年生の「日本触媒・水源の森」に場所を移動して、これまでの活動で整備してきた歩道や広場で、ひょうご森の倶楽部会員から、森のめぐみや森林の大切さ等の説明を聞きながら、水源の森の散策を行いました。 
     散策後は広場で、参加者全員で記念撮影を行い活動を終えました。参加者の皆様は、新緑の中で自然とふれあい、心身ともリフレッシュできたと思います。

     日本触媒は、平成20年から始めた「水源の森」づくり活動も10年目を迎え、兵庫森林管理署としても、これからも充実した活動が実施できるよう支援していきたいと考えています。

     

    【間伐作業の安全指導】   【間伐体験】
    【間伐作業の指導】   【間伐体験】
    【森の散策】   【森の説明】
               【森林散策】               【森の説明】
    【森林散策】   【みんなで集合写真】
               【森林散策】   【参加者で集合写真】

    お問合せ先

    兵庫森林管理署

    担当者:業務グループ
    ダイヤルイン:050-3160-6170
    FAX番号:0790-62-4790