このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    平成29年度林業事業体等との意見交換会・技術セミナーの概要について

     近畿中国森林管理局は、日(金曜日)、「平成29年度林業事業体等との意見交換会・技術セミナー」を開催し、林業事業体を始め、府県の行政関係者、森林整備センターなど80名が参加しました。

     第1部では、林業における労働災害防止対策の強化、請負事業の発注に関する変更点や留意事項等の情報提供、第2部では、新たな森林管理システムや森林環境税・森林環境譲与税(仮称)に関する情報提供、コンテナ苗による一貫作業などの林業の低コスト化に関する情報、システム販売や請負による森林整備事業の複数年契約、生産性向上の取組等の情報を提供し、安定的な事業発注規模、効率的な事業実行が可能な作業道作設への取組み等事業地の環境条件等にあった作業システム構築への工夫などについて意見交換を行いました。

     また、第3部では、平成29年度林野庁間伐・主伐再造林コンクールで優秀賞を受賞した(有)杉下木材杉下勇己社長に髙野局長から賞状が授与され、その後、取組み概要の発表と東京大学の酒井秀夫名誉教授から「林業低コスト化への取り組み」と題し、地域が一体となって安定的なサプライチェーンを構築し、低コスト化を図っていく必要性や、また、素材生産現場では作業日報、月報を活用した作業システムの改善方法などについて講演が行われました。

    第1部 発注者綱紀保持等の説明:11時00分~12時00分 

    (ア) 近畿中国森林管理局における発注者綱紀保持対策(資料1)

    (イ) 請負事業における労働災害防止対策(資料2) 

    (ウ) 入札制度(総合評価落札方式)について(資料3)

    (エ) 請負契約時の資金調達(林業信用保証の紹介)(別添資料)  

    第2部 事業関係情報の提供及び意見交換:13時00分~14時50分 

    (ア) 林業の成長産業化の取組み等(資料4)

    (イ) 育林事業の低コスト化の取組み(資料5)

    (ウ) 素材生産・販売事業(資料6)

    (エ) 意見交換

    第3部 技術セミナー:15時00分~17時00分

    (ア) 国有林間伐・再造林推進コンクールの優秀事例の紹介(資料8)

    (イ) 林業低コスト化の取り組み(資料7)

       講師:東京大学農学生命科学研究科  名誉教授  酒井 秀夫

    添付資料

    お問合せ先

    森林整備部 資源活用課

    担当者:企画官(間伐推進)
    代表:050-3160-6700(内線3504)
    ダイヤルイン:050-3160-6767
    FAX番号:06-6881-3429

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader