このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    合同安全パトロール・労働安全連絡協議会~労働災害の未然防止のために~

    国有林野事業における請負事業体等に係る労働災害は高水準にあるため、事業の発注者、契約者の立場から、請負事業体等の労働災害の未然防止を図るため、武生労働基準監督署の協力の下、合同安全パトロールと労働安全連絡協議会を開催しました。

    合同安全パトロール

    平成29年7月5日(水曜日)、武生労働基準監督署と当署で、今立郡池田町の篭掛国有林において実行している山腹工事と渓間工事の合同安全パトロールを行いました。
    両工事の現場において、作業現場の状況、工事の実施状況、緊急連絡体制等について点検、確認を行いました。
      山腹工事箇所では、現場詰所にAEDが設置されており、人命救助の対策がとられていました。また、渓間工事箇所では、資材運搬路の路肩危険表示や作業箇所までの階段設置等、安全対策が行われていました。

    山腹工事安全パトロール1 山腹工事安全パトロール2  山腹工事合同パトロール3
     篭掛山腹工事現場  篭掛山腹工事現場  篭掛山腹工事現場
     渓間工事安全パトロール1  渓間工事安全パトロール2  渓間工事安全パトロール3
     篭掛渓間工事現場  篭掛渓間工事現場  篭掛渓間工事現場

     

    労働安全連絡協議会

    平成29年7月5日(水曜日)午前の合同安全パトロールに続き、午後1時30分から池田町にある池田町開発センターにおいて、労働安全連絡協議会を開催しました。
    会議には、現在、事業を行っている請負事業体4社と武生労働基準監督署、当署関係職員の合計21名の参加で開催しました。
    武生労働基準監督署から、福井県における労働災害の発生状況等の説明があり、「基本的な安全管理の取り組み」「定期的な安全教育の実施」「関係者が一丸となった安全活動の取り組み」等の重要性のついて説明がありました。
    当署から、国有林林野事業における請負事業の労働災害発生状況等について説明しました。最後に意見交換等を行い、引き続き労働災害の未然防止に取り組むことを確認し会議等を終了しました。

     労働安全連絡協議会1  労働安全連絡協議会  労働安全連絡協議会3
    福井森林管理署長挨拶 武生労基署安全衛生課長挨拶 武生労基署安全衛生課長による安全指導

    お問合せ先

    福井森林管理署
    ダイヤルイン:050-3160-6105
    FAX番号:0776-27-3574