このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    平成28年度気比の松原保全対策検討委員会(第2回)を開催(平成29年2月9日)

     2月9日(木曜日)、学識経験者、地元関係者、行政関係者が参加して本年度2回目の「気比の松原保全対策検討委員会」を開催しました。今回の委員会は、平成24年度に策定した「気比の松原100年構想」に基づき平成28年度に実施した各種調査及び実施事業の結果とその検証、平成29年度の事業計画について議論しました。
    調査結果の報告の後、委員から「アカマツの稚樹については、消失が想定より少く後継樹の育成に期待が持てること。クロマツの稚樹は発生が少なく今後の課題である。」などの意見が出されました。福井森林管理署としては出された意見に基づき、次年度の調査及び森林整備に反映するなどして「気比の松原」を地元市民のみならず国民の財産として健全に維持するための各種施策を実施して参ります。
     

    検討委員会3検討委員会1


    添付資料


      配布資料:検討会資料(PDF : 3,566KB)
     
      参考資料:気比の松原100年構想(概要版)(PDF : 6,661KB)


    お問合せ先

    福井森林管理署

    ダイヤルイン:050-3160-6105
    FAX番号:0776-27-3574

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader