おもしろの森
森のミュージアム
わくわく絵合わせゲーム
森のひろば
森の子くらぶとは?
森の子くらぶ施設一覧
関連リンク集
ちえの森
フォレストクイズ
森林Q&A
森林の機能
体験の森
体験学習プログラム
こども森林館
森林・林業について
日本にはどれくらいの森林があるのですか。
日本の森林面積は2,500万ヘクタールです。
国土面積に占める森林面積の割合を「森林率」といいますが、日本は森林率が67%と国土の2/3が森林です。これは、世界の国の中でも森林率の高いことで知られているフインランドやスウェーデンのように、日本も世界ではトップクラスの森林国ということができます。しかし、日本は人口が多いので、1人あたりの森林面積をみると0.2ヘクタールとなり、世界の中でも森林の少ない国になります。また、森林の体積を蓄積と呼びますが、現在の日本の森林の総蓄積は、約40億立方メートルといわれています。
  ▲もどる
日本の森林は減少しているのですか。
減っていません。
日本の国土面積は、およそ3,778万ヘクタールで、そのうち2,512万ヘクタールが森林です。
日本においては、法律や森林を守る制度などによって、「森林の木を伐ったら苗木を植え、育て、再び森林にする」ことになっています。
このことにより、日本の森林面積は、30年前から比べても、減少することなく、ほとんどおなじ数値になっています。国土面積における森林面積の割合のことを森林率といいますが、日本の森林率は約67%です。(計算してみてください)

この数値は、世界中の国のうち、日本と同じように産業が発展している国のなかでは、トップクラスの森林率ということができます。

一方、森林の蓄積(木が生長した量を体積で表したもの)は人工林(人が山に木を植えるなどして育てた林)を中心に毎年およそ8千万m3ずつ増えているのです。
ところで、この人工林うち、およそ4割が手入れが必要な状況にあります。
今、山の手入れをする人は、年々高齢化し、減少する傾向にあります。
この豊かな森林を将来に残すためにも、みなさんのご協力をお願いします。
  ▲もどる
世界の森林はどのくらいあるのですか。
世界の森林面積は40億ヘクタールで、陸地面積の30%を占めています。
2000年から2005年においては、熱帯林を中心に農業開発や無秩序に行われる焼き畑、過放牧、薪炭林の過剰伐採などが原因で、毎年約730万ヘクタール(日本の国土の1/5)の森林が減少しています。
  ▲もどる
森林がなくなると地球が温暖化するのですか。
地球の気温は、空気によって保たれています。空気の中でも特に気温を保つ効果が高いのが温室効果ガスです。この温室効果ガスが増え始めたため、地球の気温が上がってきています。このことを地球温暖化といいます。温室効果ガスには二酸化炭素やメタン、フロンなどが知られていますが、なかでも二酸化炭素は、地球温暖化の原因の6割を占め、最も大きな影響を与えています。森林は、空気中の二酸化炭素を取り入れて光合成に利用し、酸素をはきだしていますしたがって、現在のように石油や石炭を燃やし続けているときに森林が減っていくと、地球温暖化が一層進んでしまいます。そうならないようにするため、1997年12月世界の国々が協力して温室効果ガスを削減していく目標等を定めた京都議定書が採択されました。この議定書では、森林が二酸化炭素の吸収源として重要であることが改めて認識されました。
  ▲もどる
森林はどうやってつくられていくのですか。

森林をつくる方法には2とおりのやり方があります。
人工林をつくる場合には、人工造林、天然林をつくる場合には天然更新という方法がとられます。それぞれの方法は、森林の持つ目的とさまざまな条件によって使い分けられています。

人工造林:人が苗木をつくり、それを山に植え、世話をしながら森林に育てていく方法。育った木はやがて収穫され、切ったあとには、また苗木を植えて森林に育てます。スギ、ヒノキ、カラマツ、アカマツ、トドマツなどの針葉樹が適しています。

天然更新:天然の力によって育った苗(自然に落ちたタネや木の切り株から芽生えた苗)を利用して森林をつくる方法。このような天然更新でも、下から生えてくる幼い木を育ちやすくするため、枯れた木や倒れた木を取り除くなどの手入れが必要です。

  ▲もどる
日本の森林にはどのような樹種が多いんですか。
人工林のほとんどは針葉樹です。
とくに戦後に植林したスギは人工林の蓄積の半分以上に達している。スギ、ヒノキ、カラマツの3樹種で全体の9割近くを占めています。一方、天然林の蓄積の72%は広葉樹が占めており、多様な樹種構成となっています。
  ▲もどる
なぜ山くずれや水不足がおきるのですか。

森林には山くずれを防いだり、「緑のダム」として水をたくわえたりする働きがありますが、その働きにも限界があります。
日本は山が険しく、台風などがくると、一度に大量の雨が降ります。あまりに多くの雨が急な斜面に降り続くと、土がえぐられ、雨水がいっせいに流れ出してしまいます。このため、森林の働きを十分に発揮させるための山の手入れが必要ですし、くずれやすい山には山くずれを防ぐための工事を行い、大雨が降ってもくずれにくく、たくさんの水をたくわえられるようにしてやるための治山事業を実施していますが、なかなか自然の力にうち勝つことはできません。

(参考)保安林の種類別面積

  ▲もどる
どのように森林資源を管理していますか。
森林の育成には長い年月を要するため、長期的な目標を定めて森林整備を進めることが重要となります。
「森林資源に関する基本計画」においては、公益的機能を重視しながら多様な森林の育成を図るため、「水土保全」「森林と人との共生」「資源の循環利用」の3つの森林整備の推進方向を示しています。これらの目標を達成するため、国、都道府県、市町村が連携を図りながら、森林・林業に関する長期的・計画的な政策の基本的な方向と森林施業の指針等を定め、関連施策を総合的に進めています。
  ▲もどる
間伐ってどうして必要なのですか。
間伐は、成長過程で過密になった森林を適当な密度にするために抜き切りをする作業です。
この作業を欠くと木が太れず、もやし状の森林となって風害や雪害などの被害を受けやすく、また、下層植生がなくなり水土保全の役割を十分発揮できなくなってしまいます。

(参考)間伐面積及び間伐材の利用状況(民有林)
  ▲もどる
林道はどんな役にたつのですか。

私たちのくらしにとって身のまわりの道が大切なものであるように、山の仕事をするときにも林道は必要です。森林の手入れをしたり、苗木や木材を運んだり、山くずれしたところを直したりするのに、車で走れる林道が必要です。また、山村で生活している人達が買い物に行ったり、学校へ通ったりするときも、林道は使われています。したがって、日本の自然を守り、りっぱな森林を育てる仕事やその土地に住む人々の生活に役立っています。

(参考)林道開設(新設)量の推移

  ▲もどる
森林の流域管理システムとは
森林のさまざまな機能は、民有林・国有林を通じて、一定の地域的な広がりを単位として発揮されます。このため、「流域」を単位として、林業経営者のほか、伐採や造林、木材の加工・流通を行う事業者、地域住民等の多くの関係者の合意形成を図り、これらの人々が共通の目標の下に森林づくりのために協力していく「森林の流域管理システム」を推進することとしています。
  ▲もどる
林業で使う道具や機械を教えてください。

林業の仕事には、木を植えて育てる、木を切り倒す、木を運ぶなど、いろいろなものがあります。

苗木を植えるときには「クワ」、苗木のまわりの下草を刈る「カマ」、木にからみついたつるを切る「ナタ」はなじみがあると思います。最近では下草を刈るには「刈払機」が使われています。

木を切り倒すには、昔はノコギリやオノが使われていましたが、今では「チェーンソー」を使います。

山の斜面で切り倒された木は、急斜地では「集材機」と呼ばれる機械でワイヤーロープでつり下げて林道まで運ばれます。緩斜地では「トラクタ」などで林道まで引きずりだします。これを「集材」といいます。

林道まで運ばれた木は、適当な長さに切られ、丸太にされます。これを「造材(玉切り)」といいます。

最近では、木を切り、集材し、造材するなどの一連の作業を一つの機械でできる高性能林業機械が導入され、これまできびしくて危険な仕事とみられてきた林業の仕事も快適で安全な仕事にしようという取り組めがはじまっています。

(参考)林業機械普及台数の推移

  ▲もどる
マツが赤く枯れているのを見かけますが、どうして。
赤くなったマツは「松くい虫」の被害にあっているところです。
日本のマツは、この松くい虫のためにだんだん減っています。マツノマダラカミキリというカミキリが若枝の樹皮を食い荒らし、そこへマツノザイセンチュウという人の目で見えるか見えないかの小さな線虫がマツの中に侵入し、やがて枯れさせてしまいます。そこで、マツを守るために、特別に法律をつくって、被害にあったマツを切って焼いたり、予防のための薬をまいたりして松くい虫退治に取り組んでいます。
  ▲もどる
森林が山火事や台風で被害を受けたらどうなるの。

森林が受ける被害には、山火事や台風による風害のほかにも、水害、雪害、冷害、干害などがあります。森林は、一度被害にあうと、木が損害を受けるだけではありません。水をたくわえたり、山くずれを防いだりする森林の働きもおとろえてしまいます。したがって、被害を受けたときは、木を植えたり、倒れた木をかたづけたりして、森林を早期に復旧してやらなければなりません。森林を復旧するには、多くの費用と労力が必要です。万が一のためにも保険の加入が必要です。森林の保険には、国自らが行う森林国営保険などがありますので、木を植えたら必ず保険に入っておくと安心です。

(参考)気象災害,林野火災の推移

  ▲もどる
「国有林」とは、どの様な森林のことをいうのですか。

日本の森林は、その所有形態によって国有林と民有林に大別できます。国有林は国が所有する森林で国有林以外の森林を民有林といいます。日本の森林面積は約2,500万ヘクタールですが、そのうち約30%の785万ヘクタールが国有林です。国有林は全国各地の山脈や河川の水源流域に分布し、水源を守るとともに、土砂崩れなどの災害を防ぐなど重要な役割を果たしています。国有林は「国民の森=国民共通の財産」なのです。

  ▲もどる
国有林はどのように管理しているのでしょうか。

全国各地に国有林を管理・経営するための林野庁の出先機関があります。
国有林の管理・経営にあたっては、あらかじめ「国民のみなさんの意見」を聞いて計画を策定するとともに、毎年度の実施状況について公表しています。くわしくは、お近くの森林管理局、森林管理(支)署等へお問い合わせください。

http://www.rinya.maff.go.jp/j/kokuyu_rinya/index.html

  ▲もどる
木材について
世界でどのくらいの木材が生産されているのですか。

1999世界森林白書によると1996年における世界の林産物生産量は次のとおりです。

区 分 1996年 2010年 単 位
産業用丸太 1,490 1,872 (百万m3
製材 430 501 (百万m3
木質パネル 149 180 (百万m3
パルプ 179 208 (百万t)
紙及び板紙 284 394 (百万t)

また、将来的な生産量の推移予測としては、2010年までに、対前年比約1%から2%の間で増加するものと見込まれています。

  ▲もどる
日本の木材自給率はどれくらいですか。

近年ではおよそ20%で推移しています。

日本における木材の需要量は、年間およそ1億m3で推移しています。また自給率(需要量のうち、日本で生産された木材の占める割合)は20%程度になっています。これは、近年、外国からの製品(丸太の角をとって断面が四角になったものでイメージ的には柱または板状になったもの)輸入量の増加が目立ち、輸入量全体のおよそ70%以上を占めている状況にあることによります。

  ▲もどる
木の家は住みやすいって本当ですか。

本当なんです。

日本は「木の文化の国」といわれるのは、古くから日本の森林には「木」が茂り人がその木を利用して家を造り、薪等を利用して生活してきたことによります。「木造住宅」とは、家を建てる材料(骨組みの柱など)に「木」を利用している家のことをいいます。木造住宅(木材)の特徴をいくつかご紹介しましょう。

【1】木材には、熱を伝えにくい性質があるため、熱を遮断したり暖かさを保つことができます。

【2】木材には、空気中の湿度が増すと湿気を吸い、空気が乾燥してくると、放湿する作用があります。

【3】木材は、細胞の集合体で、これがクッションの役割を果たすことにより、様々な衝撃を緩和します。

【4】木材から発散される香りなどにより、ダニ類の繁殖などを抑える働きがあります。

【5】木材は高音・中音・低音をバランスよく吸収し、音をまろやかにします。

このように、日本の気候や風土には「木造住宅」がよく似合い、私たちに快適な生活空間を提供してくれるのです。

  ▲もどる
木の家は火災に弱いんじゃないんですか。

木材は燃えるため、一見火災に弱いように思われがちですが、ある程度の太さを持つ木材は、表面だけが炭化することにより、一度に全部芯まで燃えてしまうことがありません。これに対し、鉄などの金属は、高熱によって溶解するため、強度の著しい低下により、木材よりも危険な状態になることがわかっています。

  ▲もどる
割り箸は年間どのくらい消費されているのですか。

日本での割り箸消費量は一年間約250億膳ともいわれ、その9割以上が輸入されています。輸入されている割り箸の原料の殆どは、建築材料などにならない木を有効に利用して作られているのです。ですから、森林資源の継続性をもって計画的に生産されることが重要なのです。

一方、割り箸を使用する私たちも大量生産・大量消費を見直し、バランスのとれた循環型社会に向けて取り組む必要があるのではないでしょうか。

あなたは、この日本の「割り箸文化」をどう考えますか。

  ▲もどる
木材は地球にやさしい材料」といわれますがどのようなことなんでしょうか。

次のことから、「木材は地球にやさしい材料」といえるのではないでしょうか。

【1】木材は省エネ材料です。木材・鉄鋼・アルミ・コンクリートなどを比較すると、製造時の炭素放出量は、木材が圧倒的に少ないことがわかっています。

【2】木造住宅・木工製品などは膨大な炭素を貯蔵しています。平成5年の調査によると、わが国の木造住宅全体でおよそ1.3億トンもの炭素を貯蔵していることがわかっています。(木材が炭素を貯蔵しているということは、木が生長する過程で光合成により、空気中の二酸化炭素を吸って炭素固定し、酸素を放出しながら生長することから、木材の多くは炭素の固まりであるともいえるのです。)

【3】木材は自然がつくった半永久的に利用できる材料です。自然の資源とエネルギーにより、森林から生産される「木材」は、適切に更新されれば、半永久的に再生産可能な資材です。また、木材は、廃材から新たな製品をつくることができるため、リサイクルが可能です。さらには、木炭化することにより、炭素を固定したまま、木炭製品として新たな利用が進められています。

  ▲もどる
その他
緑の募金はなにに使われるのですか。
寄付金は、「緑の募金法」に基づき(社)国土緑化推進機構を通じて、「森林整備」、「緑化推進」、「国際緑化」の3分野でボランティアが森林づくり、緑づくりをすすめる事業に使われます。たとえば、富士山の台風被害地の自然林の再生、熱帯林や砂漠地域の森林復元など日本の内外でボランティアによる森林づくりの支援のため大切に使わせていただいています。

(参考)(社)国土緑化推進機構ホームページ「緑の募金」のページ http://www.green.or.jp/
  ▲もどる
都道府県の木と花を教えてください。

都道府県の木・花・鳥の一覧表

  ▲もどる
国際協力にボランティアとして参加したいのですが。
ボランティアとして、海外協力に参加しようと希望される方は、JICA(国際協力事業団)の青年海外協力隊(40歳以上の方はシニア海外ボランティア)への途が開かれています。森林・林業分野では森林経営、生態調査及び植林等の職種で毎年10人程度の募集がされています。
  ▲もどる
   
▲ページの先頭へ
 
line
Copyright:2004 Forestry Agency
林野庁ホームページへ