ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理署等の概要 > 東京神奈川森林管理署 > 業務内容 > 森林整備と取り組み


ここから本文です。

森林整備と取り組み

水土保全林

土砂流出・崩壊の防備、水源かん養等安全で快適な国民生活を確保することを重視する森林です。



管理経営の考え方
樹根や表土の保全、下層植生の発達が期待される育成複層林施業、長伐期施業等の推進

 

森林と人との共生林

原生的な森林生態系等貴重な自然環境の保全、国民と自然とのふれあいの場としての利用を図ることを重視する森林です。



管理経営の考え方
野生動植物の生息・生育する森林の保護・整備、森林浴や自然観察等保健・文化・教育的な活動の場の整備、自然景観の維持等

 

資源の循環利用林

環境に対する負荷が少ない素材である木材の効率的な生産を行うことを重視する森林です。



管理経営の考え方
森林の健全性を確保し、多様化する木材需要に応じた木材を育成するための適切な更新、保育及び間伐の推進

 

森林管理局の案内

リンク集