このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    高尾山の生きものたち

    フサザクラ(フサザクラ科)
    •  山中の谷間に生え、高さ15mほどになる落葉高木。葉は互生し、長さ6~12cmの広卵形で先は尾状に尖る。3~4月、葉に先立って暗紅色の花をつける。花には花弁も萼もなく、たくさんの雄しべが垂れ下がる。やくは暗紅色、線形で長さ6~7mm。雌しべも多数ある。果実は扁平な翼状で黄褐色に熟す。

       

    ヤマガラ(シジュウカラ科)
      • 高尾山で1年中暮らし、ツーツーピー、ツーツーピーやニーニーニーなどと鳴きます。一夫一妻で、2羽が死に別れるまで一緒に暮らす愛情深い鳥です。ドングリ等を足で器用に押さえて食べたり、樹皮の隙間に貯えたりします。4~5月は、産卵、子育ての季節、樹洞や巣箱にコケや樹皮、獣毛で巣を作り、ヒナを育てます。 

    ジシバリ(キク科)
    • 4~6月、日本各地で見られる黄色の花をつける多年草。細長い茎が地をはって、根を下ろして増え、地面を縛るように見えることから、「地を縛る」=ジシバリの名前がついたと言われています。ジシバリに似たもので、花や葉が大きいものをオオジシバリといいます。 


    ウリノキ(ウリノキ科)
    •  山地に生える落葉低木で、葉がウリの葉に似ていることからこの名がついたと言われています。花は、花弁が外側にクルクル巻き込み、雄しべの黄色いやくが垂れ下がった形で5~6月に咲き、果実は藍色に熟します。また、オオカギバ(ガキバガ科のガ)がウリノキを食用としています。

    オカトラノオ(サクラソウ科)

    オカトラノオの写真

    • 日当たりの良い山地や野原に咲く多年草です。太く垂れ下がった花穂が「虎の尾」に似ていることからこの名前がつきました。草の全長15~20cmで、茎は赤みを帯び、葉は細長く先が尖って互生しており、花穂は6~7月に小さな花を多数つき、下から順に花が咲きます。



    キツネノカミソリ(ヒガンバナ科)
    •  山野に生える多年草で、春先に伸びる白みを帯びた葉が「狐の剃刀」にたとえられたことから名前が付けられました。葉が夏に枯れた後、30~50cmの茎に黄赤色で花被片が6個の花を咲かせます。同じ科にヒガンバナ(マンジュウシャゲ)がありますが、ヒガンバナは花の後に葉を付けます。


    カントウミヤマカタバミ(カタバミ科)
    • kantomiyamakatabami01

       関東地方南西部~東海地方の山地の林の中にはえる多年草です。丸味を帯びた三角形に近い小葉が、根本から出た長い葉柄の先に3枚つきます。葉は、暗いと閉じる睡眠運動をします。3~4月、高さ7~15cmの花茎の先に、直径3~4cmの白い花を1つ咲かせます。


    シラネセンキュウ(セリ科)
    • シラネセンキュウの写真

      林の中や川の近くなど湿った日陰に生える多年草で、本州から九州にかけて見られます。高さは80~150cmになり、葉は3出羽状複葉で茎から3~4回分かれてつき、小葉の縁には不揃いな切り込みがあります。花期は9~11月で、枝先に大きな花序を出し、数多くの小さな白い花を付けます。また、別名をスズカゼリともいいます。


    ミズヒキ(タデ科)
    • ミズヒキの写真

      山地の半日陰に生える多年草で 、茎はまばらで枝分かれし、楕円形の葉は互生し、黒い模様が入るものもあります。赤い花を細長い花穂にまばらにかつ横向きに付けます。花期は、8~10月ですが、高尾山周辺では、11月に入ってもまだ咲いています。花穂を上から見ると赤く、下から見ると白く見えることから、紅白の水引になぞらえてこの名が命名されました。


    ツルニンジン(キキョウ科)
    •  根が朝鮮人参に似ているため名付けられました。つる性の多年草で、葉は互生し3~4個集まって付き、長さは3~10cmの長卵形です。花は側枝の先に下向きに付き、内側に紫褐色の斑点があります。この斑点をソバカスにたとえ「ソブ」と言う長野県木曽地方の方言から、別名ジイソブとも呼ばれています。よく似ているバアソブは、本種より小型で全体に白い毛が散在します。


    オカタツナミソウ(シソ科)
    • 丘陵や森林の縁に生える多年草で、花が同じ方向に向いてつくタツナミソウとは異なり、淡い紫色で唇形をした花を5~6月に茎の先端に複数つけます。茎は高さが30~50cmで、下向きの毛が密にあります。広卵形の葉は縁に粗い鋸歯があり、両面に毛がやや密で、茎から1~2cmの柄が伸びてついています。


    ハナイカダ(ハナイカダ科)
    • 山地にはえる高さ1~2mの落葉低木で、先が細く尖り、縁に鋸歯がある葉を互生につけます。また、5~6月に葉の表面の主脈の中央に薄緑の花を咲かせ、熟した実は黒い色をしています。雌雄異種で、雄しべは数個まとまって付き、雌しべは1個付きます。葉の中央に花が咲く姿が、花が筏に乗っているように見えることから、この名前がつきました。


    ノイバラ(バラ科)
    • ノイバラの写真

      山野に生える高さ1~2mの落葉低木で、林道縁等でよく見られます。鋭い棘が多い枝は、著しく枝分かれしています。卵形の葉は、奇数の羽状複葉で互生し、鋸歯があり、表面に光沢はありませんが、葉の裏面や葉軸には毛があります。5枚の花弁を持ち、芳香性の強く白い花は5~6月に多数咲きます。

    お問合せ先

    高尾森林ふれあい推進センター

    ダイヤルイン:042-663-6689
    FAX番号:042-663-7229

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader