このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    小滝川上流崩壊地対策検討委員会の開催について

    • 印刷
    令和元年8月27日
    関東森林管理局
       関東森林管理局では、本年6月に新潟県糸魚川市を貫流する姫川の支流である小滝川で濁水が発生しているとの情報を受け、上越森林管理署職員がヘリコプターによる調査を実施したところ、黒負山で斜面崩壊が発生し、これにより小滝川が白濁しているものとみられることを確認したところです。
       7月に森林総合研究所の協力を得て実施したヘリコプターによる調査から、当該崩壊地の復旧等の対策に当たっては、厳しい気象・地形条件下で今後の事業を進めていく必要があります。
       このことから、下記のとおり「小滝川上流崩壊地対策検討委員会」(以下「委員会」という。)を開催し、崩壊地に関する技術的な検討を行うこととしましたのでお知らせします。
       委員会は、公開です。カメラ撮影は、冒頭のみ可能です。

    1  日   時

       令和元年9月4日(水曜日)午後1時30分~午後3時30分

    2   場   所

       ヒスイ王国館2階万葉
       新潟県糸魚川市大町1丁目7-11

    3   委員会の構成

    〈委員会委員〉
          浅野   志穂  国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所
                          治山研究室長
          権田      豊  新潟大学農学部農学科教授
          竹之内   耕  フォッサマグナミュージアム館長
          柳井   清治  石川県立大学生物資源環境学部環境科学科教授
         (五十音順)

    4  傍聴の申込等

    (1)傍聴可能人数
            10名程度(先着順)
           
    (2)申込方法
           傍聴、カメラ撮影を希望される場合は、傍聴希望の旨と御氏名(ふりがな)、御連絡住所、電話番号、FAX番号(差し支えなければ勤務先、所属団体、住所)等をご記入の上、FAX又はメールにてお申込みください。
           なお、電話でのお申込みはご遠慮ください。
         〈FAX等送付先〉
          関東森林管理局治山課あて
          FAX番号:027‐210‐1192
          メールアドレス:kanto_chisan@maff.go.jp

    (3)申込締切
           令和元年9月2日(月曜日)15時00分(必着)

    (4)傍聴の可否
           傍聴可能人数になりしだい、応募を打ち切り、その旨連絡いたします。

    (5)傍聴する場合の留意事項
           傍聴に当たり、次の事項を遵守してください。これらを守られない場合は、傍聴をお断りする場合があります。
          (ア)事務局の指示した場所以外の場所に立ち入らないでください。
          (イ)携帯電話等の電源は必ず切ってください。
          (ウ)傍聴者の発言は禁止とし、以下の行為を慎しんでください。
                ・委員及びオブザーバー等の発言に対する賛否の表明又は拍手
                ・傍聴中の入退席(ただし、やむを得ない場合を除く。)
                ・カメラ、ビデオ等による撮影、テープレコーダー等による録音(ただし、座長が特に認めた場合を除く。)
                ・新聞、雑誌、その他の議案に関連のない書類等の読書
                ・飲食及び喫煙
          (エ)鉄砲刀剣類その他の危険なものを会場に持ち込まないでください。
          (オ)その他、座長及び事務局職員の指示に従ってください。

    お問合せ先

       林野庁関東森林管理局計画保全部治山課
       電   話:027-210-1190
       FAX:027-210-1192
       治山課長   神林   弘之
       課長補佐   井上   修三