このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    ヘリコプターによる小滝川上流の状況調査の結果について

    • 印刷
    令和元年6月17日
    関東森林管理局
       新潟県糸魚川市を貫流する姫川の支流である小滝川において、6月1 3日に流下する水が白濁しているとの情報を受け、小滝川の上流域は国有林であることから、上越森林管理署は、上空から荒廃状況等を確認するため、同日、下記のとおりヘリコプターによる調査を実施しました。
       なお、平成2 9年7月にも小滝川で白濁が発生したところであり、その際、ヘリコプターによる調査を実施した結果、新たな崩壊は発生した様子はなく、長栂山の山頂付近から始まる大きな谷全体について、流下する多数の沢から融雪により浸食され白濁が発生したものと考えられたところです。
       今後、さらに調査を継続し、関係機関等と連携しつつ、治山対策の検討を進めてまいります。

    1  日   時

       令和元年6月13日(木曜日)午後1時から午後2時

    2  調査箇所

       新潟県糸魚川市小滝川上流(長トガ国有林)

    3  調査メンバー

       関東森林管理局上越森林管理署  3名

    4  調査結果概況(詳細別紙)

      ・長トガ国有林1 0 7林班内の黒負山の斜面崩壊が発生し、この崩壊土砂が流出して小滝川が白濁しているのが確認されました。
      ・崩壊斜面が確認できたことから、学識経験者の協力も得て、調査を継続してまいります。

    5  添付資料

       詳細別紙(PDF : 1,081KB)

    お問合せ先

    関東森林管理局   治山課
    担   当   課長補佐   井上修三
    連絡先   群馬県前橋市岩神町4-16-25
    電   話   027-210-1190

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader