このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    ヘリコプターによる本白根山周辺一帯の状況調査の結果について

    • 印刷
    平成30年3月22日
    関東森林管理局
       平成30年1月23日、群馬県の本白根山(もとしらねさん)が鏡池付近で噴火し、本白根山周辺に噴石や降灰が発生しました。
       本白根山周辺一帯は国有林であることから、関東森林管理局では、今後融雪期を迎えていくなか、上空から森林の状況等を確認し、今後の治山対策の検討に資するため、学識経験者、草津町と合同で下記のとおりヘリコプターによる調査を実施しました。
       今後、さらに調査を継続し、関係機関等と連携しつつ、治山対策の検討を進めてまいります。

    1  日   時

       平成30年3月19日(月曜日)  午前9時~午後1時(計4回フライト)

    2  調査箇所

       群馬県吾妻郡草津町  本白根山周辺一帯

    3  調査メンバー

       (1)国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 森林防災研究領域 浅野志穂治山研究室長
       (2)国立大学法人 東京工業大学理学院火山流体研究センター草津白根火山観測所
         小川康雄教授、神田径准教授、寺田暁彦講師
       (3)草津町役場の職員
       (4)関東森林管理局及び吾妻森林管理署の担当者

    4  調査結果概要(詳細は別紙のとおり)

       (1)上空からの調査により、本白根山の北東部、主に清水沢、振子沢の山腹斜面に降灰が分布していることを確認しました。これは、噴火後、降雪で覆われていた降灰が、融雪により露出したものと考えられます。
       (2)現時点で、森林が全体として被害を受けている状況は確認できませんでした。また、噴火が影響したような新たな崩壊地の発生等もみられませんでした。
       (3)東京工業大学による赤外線カメラの地表面温度測定では、鏡池北火口の外側に温度異常はみられず、直近1ヶ月の状態と変化は見られませんでした。

    5  問い合わせ

                   関東森林管理局   治山課
       担   当   課長補佐   片栁  信晴
       連絡先   群馬県前橋市岩神町4-16-25
       電   話   027-210-1190

                   吾妻森林管理署
       担   当   署  長   廣田  祐一
       連絡先   群馬県吾妻郡中之条町大字伊勢町771-1
       電   話   0279-75-3344

    5  添付資料

       詳細別紙(PDF : 4,079KB)

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader