このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    ヘリコプターによる富士山東側斜面の状況調査について

    • 印刷
    平成30年3月9日
    関東森林管理局
    静岡森林管理署
    本年3月5日の大雨等の影響により、富士山東側斜面に位置する静岡県駿東郡小山町の山腹斜面の上流部から土砂等の流出がありました。
       当該東側斜面一帯は国有林であることから、林野庁関東森林管理局及び静岡森林管理署では、上空から土砂等の流出状況、また、既存の治山施設の状況を確認し、今後の治山対策の検討を行うため、小山町、学識経験者の協力も得て、下記のとおりヘリコプターによる調査を実施することとしていますのでお知らせします。

    1 日時

       平成30年3月11日(日曜日)午前10時30分~12時00分頃

    2 発着空港

       静岡ヘリポート(住所:静岡県静岡市葵区諏訪8-10)
                            (電話:054-265-5500)
       ※取材を行う場合は、飛行終了後にお願いします。

    3 調査箇所

       静岡県駿東郡小山町 富士山東側斜面周辺

    4 調査メンバー

       (1)国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 森林防災研究領域
            山地災害研究室  岡田康彦室長
       (2)国立大学法人 静岡大学 学術院 農学領域 農学部 環境森林科学科
            今泉文寿准教授
       (3)小山町関係者
       (4)関東森林管理局及び静岡森林管理署担当者

    5 その他

       (1)天候等により調査を延期する場合があります。
       (2)調査結果等は、後日お知らせします。

    6 問い合せ

                   関東森林管理局
       担   当   治山技術専門官   池田  修
       連絡先   群馬県前橋市岩神町4-16-25
       電   話   027-210-1191

                   静岡森林管理署
       担   当   署  長   松永  彦次
       連絡先   静岡県静岡市葵区駿府町1番120
       電   話   054-254-3401