このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    大同特殊鋼(株)渋川工場から排出された鉄鋼スラグの使用状況について

    • 印刷
    平成30年4月3日
    林野庁
    関東森林管理局

       大同特殊鋼(株)渋川工場の鉄鋼スラグを含む砕石を使用して施工された林道26路線について環境調査を進めてきたところ、別紙のとおり調査結果がまとまりました。
       26路線のうち9路線において、路盤材として使用された鉄鋼スラグがフッ素の土壌環境基準等を超過していましたが、群馬県が周辺地下水の調査を実施したところ、周辺地下水への影響が認められた路線はありませんでした。
       路盤材として使用された鉄鋼スラグがフッ素の土壌環境基準等を超過していた9路線については、群馬県環境部局の助言を得ながら、適切な対策を講じて参ります。

    添付資料

    (別紙)調査結果(PDF : 37KB)

    お問合せ先

    林野庁 関東森林管理局 総務課

    担当者:課長 生方啓司
    TEL:027-210-1155(内線202)
    FAX:027-230-1393

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader