このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    富士山国有林における「ニホンジカの誘引捕獲」の実施について

    • 印刷
    平成30年12月25日
    林野庁関東森林管理局静岡森林管理署

    静岡森林管理署は、富士山国有林における「ニホンジカの誘引捕獲」を平成31年1、2月に実施します(詳細は別添1,2,3のとおり)。誘引捕獲は、国有林の林道沿いでニホンジカに餌付けを行い、車両上の射手がライフル銃でそのニホンジカを捕獲するもので、シャープシューティングとも言われ、先進的、効率的な捕獲方法とされています。

    誘引捕獲の実施に当たり、実施日(予備日を含む)の15日間は、実施箇所の国有林への立ち入り禁止措置を取り、(ア)関係機関、団体等への文書による周知、(イ)一般者への看板等による周知、(ウ)林道等の入り口への見張り人の配置等による安全対策を講じますので、ご協力をお願い致します。(安全確保及び捕獲効率の向上を図るため、捕獲事業中の現地取材はご遠慮お願いします。)

    一連の捕獲後、捕獲結果の分析・検証を行い、今回のニホンジカ捕獲対策の有効性を把握した上で、県、市町及び研究機関等、鳥獣被害対策関係者へ情報提供する予定です。

     

    添付資料

    1.実施内容(別添1)(PDF : 160KB)
    2.位置図(別紙図面)(PDF : 2,236KB)
    3.実施方法(別添2)(PDF : 973KB)
    4.参考(別添3)(PDF : 498KB)

    お問合せ先

    林野庁静岡森林管理署業務グループ(森林育成担当)

    ダイヤルイン:054-254-3401
    FAX番号:054-253-7829

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader