このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    一貫作業システム(伐採造林)現地検討会の開催について

    • 印刷
    平成29年9月20日
    関東森林管理局
    下越森林管理署

     下越森林管理署、中越森林管理署では、森林施業に携わる方々へ技術の理解を深めて頂くこと、職員の技術力の向上を目的に、低コスト造林に関する現地検討会を開催しています。
     中越森林管理署が824日に開催した「下刈り回数の見直しに向けた現地検討会」に続き、今回、下越森林管理署では「一貫作業システム(伐採造林)現地検討会」を開催しますので、参加者を広く募集します。

    現地検討会の趣旨
     戦後造成された人工林の多くが主伐期を迎え、豊富な森林資源を循環利用し、林業の成長産業化を実現することが課題となっています。
     木材を安定的に供給し、持続可能な林業経営を確立するためには、民有林、国有林がともに「森林整備の低コスト化」を進めていく必要があります。
     国有林では、これまで別々に行っていた伐採・搬出と地拵・植付を一連の作業として実行する一貫作業システムに取り組んでいます。
     下越森林管理署においても、今年度から伐採・搬出に使用する高性能林業機械を造林作業にも活用する一貫作業システム(※)を導入しました。今回は、多くの方々に理解を深めて頂くこと、実践的な施業技術の確立を目的として現地検討会を開催します。
    (※集材に使用するグラップル等を地拵に、木材の搬出に使用するフォワーダ等を苗木運搬に活用。)

    1.開催日時

    平成291011日(水曜日) 1230分~1530分(予定) 小雨決行

    2.開催場所

    新潟県東蒲原郡阿賀町大字古岐字古岐山国有林207る2林小班
    (関東森林管理局 下越森林管理署管内)
    ※集合場所:中ノ沢渓谷森林公園駐車場 新潟県東蒲原郡阿賀町中ノ沢1344-4

    現地検討会箇所は駐車スペースが限られるため、集合場所で車両を乗り合わせての移動になります。ご協力をお願いします。

    3.実施内容

    (1)事業地の概要について
    (2)高性能林業機械の伐採作業と造林作業の円滑な運用について
    (3)一貫作業システムの実演
    (4)意見交換

    4.参加申込方法

     検討会には以下の参加予定者のほか、ご関心のある方はどなたでも参加できます。参加を希望される方は、929日(金曜日)までに下記担当者までご連絡ください。なお、参加希望者多数の場合は調整させていただく可能性がありますのでご了承願います。

    (現在の参加予定者)
     下越森林管理署(主催者)、関東森林管理局、上越森林管理署、中越森林管理署、下越森林管理署村上支署、新潟県(森林担当地域機関を含む)、新潟県農林公社、新潟県森林研究所、新潟県内市町村、新潟県内森林組合、林業事業体及び自伐林業家(グループ)

    5.その他

     集合場所の中ノ沢渓谷森林公園駐車場は、国道49号沿線「道の駅みかわ」より車で約20分程度です。長靴、保安帽のご用意をお願いします。なお、現地検討会会場は、ヤマビル生息地です。忌避剤を当署で準備します。
     現地検討会では取材いただくことが可能です。(撮影可)
     取材を希望される方は、106日(金曜日)まで担当にご連絡ください。

    お問合せ先

    林野庁 関東森林管理局 下越森林管理署

    担当者:森林技術指導官 小倉
    代表:0254-22-4146
    FAX番号:0254-22-4148
    E-mail:ks_kaetsu_postmaster@maff.go.jp

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader