このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    低コスト造林に係る現地検討会の開催について

    • 印刷
    平成30年1月19日
    林野庁
    関東森林管理局
    伊豆森林管理署

    現在、地域の森林・林業において課題となっている造林の低コスト化について、これまでの当署の取組を紹介し、県、市町、森林組合等、広く地域の森林・林業関係者の皆さんと意見交換を行うこととしています。
    戦後、営々として育てられてきた森林が、今、収穫期を迎えようとしています。一方、木材価格の低迷や森林育成に係るコスト高が、主伐や再造林の支障となっています。このため、伊豆森林管理署では、低コストシカ防護柵、コンテナ苗の活用、下刈回数の見直し等、低コスト造林の検討、実践、地域への普及に取り組んできました。
    今回の検討会が、地域の森林・林業の再生に役立つことができればと考えています。
    地域の森林・林業に関わっている皆様であれば、どなたでも参加いただけます。

    1.開催日時

    平成30年2月1日(木曜日)10:30~15:00(小雨決行)

    2.開催場所

    午前:伊豆森林管理署1F会議室(伊豆市牧之郷546-5)

    午後:梨本国有林638は林小班(河津町:低コストシカ防護柵(金網・斜め張り))

    10:30に伊豆森林管理署会議室に集合

    現場へは、13:00に道の駅「天城越え」に集合

    3.実施内容

    シカ防護柵の低コスト化の検討

    下刈回数の検討

    一貫作業システムの検討外

    4.参加申込み方法

    参加を希望される方は、1月26日(金曜日)までに、下記担当者までにご連絡ください。

    なお、参加者多数の場合は、調整させていただくことがありますので、ご了承願います。

    5.その他

    参加される方は、各自にて長靴・保安帽等のご用意をお願いします。

    現地検討会は取材して頂くことが可能です(撮影可)。

    取材を希望される方は、1月30日(火曜日)までに下記担当者までご連絡下さい。

     

    添付資料プレスリリース資料(PDF : 730KB)

    お問合せ先

    林野庁関東森林管理局伊豆森林管理署

    担当者:森林技術指導官望月
     IPTEL:050-3160-6020
     FAX:0558-72-5553

    E-mail:ks_izu_postmaster@maff.go.jp